Coaching the Core through the Sports Education


by sportssmart

無念の行き場   孫との会話から・・・天国への勇気

a0111271_9312516.jpg

孫)おじいさん、どこ行くの?
おじいさん:私)ウん?天国サ行くダ

孫)天国ってどんなとこ
私)?????

孫)ボクも行く!!
私:慌てて)ダメダメ、ボクはいけないョ、おじいさんが先に行って待ってるから・・・・・

孫)おばあさんも一緒?
私:トボケて)おばあさんは行けないョ

孫)あばあさんは地獄に行くの?
私:チョッと考えて)うゥン、おばあさんは地獄にも行けネェ

私)天国ってどんなところだろうネ
孫:元気に歌いだす)酒は美味いし姉ちゃんはきれいダ ワッ ワッ わぁー

私)アッハッハ(呆気に取られて大笑い)


ここ数日、被災各地からのニュースが届けられています。
時間が経てば経つほど、無念が積もる思いが伝わってきます。
行き場のない無念さを、どこに向ければいいのか、どこに収めればいいのか
行き場のない無念さに世界中が胸の内を重くしています。

この無念を晴らすのは容易くはないでしょう
しかし、いつまでもこのことに拘っているわけにはいきません。

スポーツにはチェンジを潔しとしなければならないことがあります。
スポーツマンシップの一般的に知られていない
もっと本質的なことは、本当は何も伝わっていません。

スポーツマンシップの潔しの裏には
負けを認める潔さの向こう側にある、悔しさを押さえての耐え難い我慢と無念があり
無念さ・悔しさを越えての相手への敬意賞賛があります。

そして、結果を受け入れ、次のチャンスに再起を賭けて新しいチャレンジが始まります。
ときには道を替えることも選択肢のひとつとなることもあります。

敗北の挫折から立ち上がるには大きなエネルギーが要ります。
再起に向うには再チャレンジする、はたまた切り替える
勇気と決断、そして新しい行動が必要です。

究極の挫折を味わい、乗り越えてきた、
長年のスポーツバカの私にできることは
身についたスポーツの本質を暴露して
割切りのいい潔さと行動する気力を甦らせるきっかけを作れればと願うばかりです。

あれこれ言っている場合ではなく、立ち上がるしかありません。

国会(政治家)に代表されるように、
日本中に、文句理屈の塊りで何もしない体質がはびこっているようでたまりません。

まずは外に出て、動いてみましょう。
誰かに会って話してみましょう。
ヒントやチャンスに出会えるかも知れません。
元気の元がそこにあるかもしれません。
新しい空気がそこにあるかも知れません。

可能性に賭けるのが
ある面での、スポーツの 「ギャンブル」 です。
どうなるかわからない、勝つかも負けるかも知れないギャンブル性があるから
スポーツにはエキサイティングな魅力があるのです。

大切な人生をギャンブルに例えるのは些か乱暴ですが
この隠されたギャンブルに挑戦しているのが
美談に隠されたスポーツのもつ本当の姿なのです。
このギャンブルにチャレンジする価値があるかどうかは自分で決めるのです。

ギャンブルに挑戦するには勇気の要ることです。
スポーツは、
この先の不確かなことに挑戦する勇気を引き出してくれるポケットになれるかも知れません。

そして、ベストを尽くした後の晴れ晴れしさと幸せ感を満たしてくれるのもスポーツが与えてくれる幸せです。

幸せへの再起の力を
その全てはお金の力であることは間違いない事実ですが
お金では手に入らない、人間の内なる力にお手伝いができるなら
私は天に召されても構いません。

おじいさん、どこ行くの?
天国に行くの。
天国ってどんなとこ?

純真な子供の心に応えるには
笑える余裕が必要です

笑いましょう・・・
どんな時でも
そしてどんな時も選択の勇気と実行の勇気が必要です・・・・

勇気の笛を鳴らすのは あ・な・た です。
[PR]
by sportssmart | 2012-03-12 09:52 | 命・育み | Comments(0)