Coaching the Core through the Sports Education


by sportssmart

言葉・国を越えた時間を

30日 佐野市河川敷芝生運動場
クリケットチームの練習に参加しました。
英国を源流にするスポーツ・ラグビーのコーチを本職にする私は同じく英国生まれのラグビーシーズンの反対側にあるクリケットに巡り合いました。本流に流れるLaw(ロー)の精神はラグビーと同じです。*ローの精神:自分自身の中にある法律、気付きの心:良心
クリケット(cricket)という言葉が<non cricket! : 紳士的でないよ!!>という風に使われるくらいにcricket=紳士の代名詞として使われるくらいに紳士的でフェアープレーを重んじるスポーツです。
a0111271_23282122.jpg

クリケットってサッカーに劣らず世界中で楽しまれているスポーツなんですね
日本では殆ど知られていないって・・・どういうことなんだろう???
自分の知らないことはマイナー?
多くの人が向いていることがメジャー?
本当のところは、この島国ではみえないことがいっぱいです。
a0111271_23305366.jpg



a0111271_233241.jpg



a0111271_23334753.jpg



a0111271_23584964.jpg

硬いボールを素手でキャッチしたり体を張って打ったりで、プロテクターは必需品です。

a0111271_00385.jpg

赤いチームシャツが楽しそうな、可愛らしい自分達の「やりがい」を訴えているようでした・・・。

a0111271_2335468.jpg

男子チームは今シーズンの最後を飾る日本クリケットリーグの決勝戦が行われていました
試合は1日いっぱいかかります。文化の余裕を感じるスポーツでした。
遠方からいろいろな国の人たちが集まってチームを楽しんでいるようでした。
a0111271_2337691.jpg



a0111271_23381867.jpg



a0111271_234089.jpg



a0111271_2341165.jpg

日本クリケットナショナルチームの練習は橋の下のトイレも水呑み場もない川原の野原で行われていました。
せっかちな勝ち負けばかりに拘る日本のスポーツ文化に反して、1日かけてゆっくりお茶を呑みながらコミュニケーションと人生を楽しむ「スポーツの源流」を教えてもらった1日でした。
[PR]
by sportssmart | 2011-10-31 00:25 | 心を開いて世界を拓く | Comments(0)