Coaching the Core through the Sports Education


by sportssmart

被災地を離れて・・・・嘘をつき続けている国のような気がする

15日 被災地を離れました。
特別に思わない方がいいのかも知れません・・・・・
今年の夏のお祭りは・・・・・・
お祭りに届かないほどの気持ちの沈みようだった3月4月
何気ない顔して過ぎた5月6月
雪降る中で震えた震災当時からは想像もできないほどの暑い日照りの7月
そして8月を迎えました・・・・

何気ない中にある心の空っぽ、心のつかえ・・・・
傍にいて黙って聞くだけ・・・・
何でもない四方山話の中に硬さが抜け、ついつい喋って喋って・・・
気付けばすっかり打ち解けて・・・・
吐き出した後のスッキリ楽になった様子が感じられました・・・・・
出合ったときとは別人のような軽さを感じます。

これが自分の仕事か・・・・今日1日ここにいる役割の大切さを感じました・・・・・
a0111271_2154521.jpg

ただグランドに張り付いて・・・・
来た子ども、来る子どもをかまって・・・・
ボールを放り投げて・・・追いかけて、つかまえて・・・・
汗びっしりに動き回って・・・・
バイバイ・・・・
ただそれだけの中に自分の役割があるような気がしました・・・・

狭い暑苦しい仮設住宅の中で・・・
親子6人がひしめき合って・・・
それでもぐっすり眠れたなら・・・・その心地よい疲れを与えてやれるなら
そう思ってやってきました・・・。

多くの方が召されたこのお盆は
遠く離れたところで幸せでいた私にできることはありません・・・・・。

夏の祭りが終わり、2学期に入るころ、また、現地に戻ります。
なにかできることがあるかも知れません・・・。

離れてみるとここは別世界・・・
現地のことが嘘のような平和と安全がのんびりと横たわっています。
かすかにニュースが放射能漏れの切実さを伝えていました・・・・
TVのスクリーンの中で騒いでいることは、心が動いても所詮人事です・・・・

頭の中と現実の大きなズレは埋めようがありません。
現地に立ってみて初めてわかる現実があります・・・・。

被災地を離れてわかる本当の姿、人の心の本当のところが見えるような気がします。
人はもっと真剣にもっと清廉になるべき時のように思います・・・・・。
現実という嘘のない中に身をおいて、真っ直ぐに空っぽになることが本物のような気がします。

日本中が見えない、見せない本物に気付かないまま時間が流れているようでなりません。
本物で、嘘のない溜まっているもののない、そのままの自分がどんなに楽か・・・・
私は体の中に溜まっている何ともいえない見えないものを発散爆発させてやるしかできません・・・・
それでも、人が体の中から心の中から楽になるのを感じられるときが何かの仕事をしたような気がするときです。

家にいて、終戦の記録放送をみたり・・・世の中のニュースを見たり聴いたり・・・・
この国はずっと前から大きな嘘をつき続けているような気がしてなりません。
[PR]
by sportssmart | 2011-08-18 21:59 | Comments(0)