Coaching the Core through the Sports Education


by sportssmart

津波・震災は終わっていない

Whistle of courage/Kids stress free

a0111271_22224437.jpg
現地入りしてから11日目。仕事の段取り、組織の動きなどなど
容易く現場に近づけませんでしたが、今日、気仙沼港に入りました。




無残な爪あとが想像を超えます。言葉が詰まります。
どんなんだったか、その地獄のような惨さが肌を刺すように伝わってきます。
目頭が熱くなります。

a0111271_22262341.jpg













できることといえば、自分の出来ることしかありません。
スポーツで何かを・・・
この現実からみればなにかピントが外れているようにも思えます。
でも、自分にできることは、子供達の体の中に溜まっている、言い表しようのない思いや何かの塊を思いっきり発散させてやることくらいしかできません。
そのことが、この先に何かの力になるのなら・・と願うばかりです。
7月24日 ラグビータレントの大八木淳史さん(元日本代表選手)と地元の子供たちと一緒に伸びやかな1日を過ごす時間をプレゼントする準備を進めています。
一過性に終わらせるのではなく継続的持続的に地に届くよう将来につながるようにしていきたいと願っています。

a0111271_22281372.jpg













a0111271_2229305.jpg














a0111271_22301289.jpg















a0111271_22322038.jpg













都会では、何事も無かったように時間が過ぎ、表参道辺りは当り前に人で溢れています。
このことへの募金活動も姿を消しました・・・
人の関心は既に他に移ってしまったのでしょうか・・・・
子供達のスポーツで言えば・・・平常時ではありえない手厚い援助や支援で物も豊富でいろいろな免除で恵まれているといっても過言ではありません。
無いのは場所です、欠けたのは仲間です・・・
震災の無かった内陸部への招待や出稽古で日程がびっしりです・・・

私は、この地で、他からもこの地に来てもらってここでスポーツの時間を取り戻すことで、
知らなかった津波の実際の凄さ恐さを感じてもらい、後世までも生かされる体験・知識として体で、自分の目で感じてもらって、もって帰ってもらいたいと考えます。
そのことが後々までも多くの実の役に立つことになると思います。
もちろん、いま、このときの安らぎになり、息抜きになり、力になれることが最も身近な課題ですが・・・




a0111271_22573091.jpg















a0111271_22581489.jpg













野球・すもうの写真は土曜日のもの。

練習場所が無くなったということで、相撲クラブもグランドの片隅で、
今日が久々の練習日ということで子供たちは何も無かったように楽しんでいました。
野球は震災以来始めての練習で、明日は内陸のチームの招待試合に行くのだそうです。
[PR]
by sportssmart | 2011-06-27 23:14 | Comments(0)