Coaching the Core through the Sports Education


by sportssmart

「いい仕事」 本当のいい仕事への正しい評価は・・・・・

私はスポーツのコーチ業をしているのですが華々しいプロスポーツの監督やコーチ業のそれとは一味もふた味も違う、子供達や接する人たちが体に感じ心に感じ心から満足して帰ってもらえるような実践の伴った雰囲気と空気を残すものなのですが、これが実際に参加するというか触れて見るというかいっしょの時間をすごさないとなかなかわかってはもらえないほど日本離れしているもので・・・・・売り込みには苦心しています。
一度触れた人や採用していただいた学校には素晴らしい評価をいただけるのですが・・・・
実際の成果としてはさほどの特別なことをしているわけでもなく楽しく遊んでいるようなものですがインターハイやインカレでの優勝(スキー)や関東大会出場(バレー・ラグビー)、ジュニアオリンピック出場(スキー・水泳)などなど華々しいものがあります・・・・。

何の理屈をこねるでもなく、ただいっしょにボールを追いかけて、奪い合って、逃げて追いかけて、ボールをパスで繋いで・・・・・トライ! とただそれだけの中に楽しみや喜びや満足や一体感や・・・いろいろなことが含まれていて即座に体に感じ心に響くというものです。
すがすがしさの中から何か人生の力というかプラスをもって帰ってもらえるものです。

いつもいつもこの仕事があるわけでなく、仕事が無いときはこれもまたプロのコーチ業とでもいうのか、自分の専門性を楽しみながら仕事をさせてもらっています。

そんなわけで、今までにした仕事は
山岳ガイド、富士山登山ガイド、添乗員、急送便 トラックの運転手、スキーコーチのコーチ、リゾートホテルのスタッフのホスピタリティートレーニング、フランスのリゾートクラブでのスキーガイド、海外視察のコーディネーター 過疎地の振興計画のアドバイス などなど・・・

自分でプロとして契約してやっている仕事以外はみな相手会社に使われてやってきたのですが・・・
どれもそのやり方はインチキ臭いことばかりで・・・これが誰もが知っている名の通った旅行会社であったり、いかにも大手のビッグリゾートだったりで・・・・その実態は・・・・
でも、誰もがそれが当たり前と思って参加したり泊まったり・・・・そこにお金を払ってサービスを買っているのです。
そのサービスの実態はどれも売らんがなのため、儲けのためにだけに気がいって、その仕事の一番大切なことを蔑ろにしたままで使用人を使っているだけで・・・・使われている側はお金を稼ぐだけが目的で「いい仕事」を錯覚している場合がほとんどでした。

私のようにお金を度外視して「いい仕事」がしたい なんていうのは詰まるところ食っていけないということになるのが日本です。

海外では「いい仕事」に対しての評価が即収入につながるのですが、日本ではうまく儲けをもってきたものが「いい仕事」をしたことになっています。
だから、人を騙してでも儲けよう、人に心からサービスしていい気持ちで帰ってもらおう などではなく、とりあえず笑顔をつくって、形ばかりの礼儀作法で頭を下げて・・・・・・裏では舌をだしている・・・といった図柄がほとんどでした・・・。

大手旅行会社の添乗員(ほとんどが派遣添乗員)、俄かに雇われたアルバイトの登山ガイド、金のために猛烈に働く運転手、それを安く使ってべらぼうなリベートをとっている元締めの派遣会社・・・・

ガイドは適当、バスの中ではこれ買えこれ買え、寄らなくてもいい土産屋に小休止、山の知識も無いアルバイト登山添乗、颯爽とした立ち姿の黒服の影に隠れたでたらめの舞台裏、どれをとっても大手会社のやっていることは中小子会社でもまねしていることで、これが日本のおもてなしで、これが日本の大企業のやることか ということを嫌というほど見てきました。

お役所にかかわることもいくつか経験しましたが、これもいかにも無能な百年来変わらない形式だらけのことばかりです。

日本ってこれでいいのか って感じたところで、たった一人のこんな小さな抵抗はどこにも通じません。

2008年7月の末だったと思います。
富士山ガイドで夜中2時7合目を出発山頂を目指したときのこと
アメリカ人ツアー客の一人が暴風雨の中で衰弱死した事件がありました。
その日その時、同じルートを登っていたのですが、その日の富士山の荒れようは大変でした。
それにもまして、山頂の山小屋は登山者を受け入れる気配も無く、
山頂価格のものを売らんがのための商売に精をだし、山に小屋を張る山を愛する番人ではなく商魂すさまじい商人でしかないようすが印象的でした・・・・

この件は後日ゆっくりお伝えします。
富士山登山の実態を真実の目で捉えているものを目にしたことがありません。

この国は、美しく礼儀正しく・・思いやりがあって・・・・・
本当にそればかりでしょうか・・・・

本質のところで「いい仕事」をしていればこんなに多くの問題はではしないはず・・・・・・
「いい仕事」・・・ただ儲ければそれでいいのか・・・・面子がたてばそれでいいのか・・・・自分のこと自分達のことばかり・・・・・

そんな時代はもう終わりにしたいと思いますが・・・・・

東日本震災の復興も先行きが見えかけてきました
だんだんとビジネスシフトが角を出しはじめることでしょう・・・

政府の水面下では既に暗に巨額な裏金が動き始めているような気配も感じます・・・・

いい仕事・・・・・いい仕事をしましょう。
いい仕事に 価値と評価をだせる国でありますように・・・・・
[PR]
by sportssmart | 2011-04-28 22:22 | Comments(0)