Coaching the Core through the Sports Education


by sportssmart

6月21日朝、何気なく開いたパソコンの中に見つけた記事に世界の救いの灯りがありました。

紛争の最中にいる国の人たち、国を逃れて彷徨う難民の人たち、不法移民といえども、何の罪もない子供達が親子分断されていく姿は地獄絵を見るような思いです。

“内助の功“ という言葉がありますが・・・・

アメリカ合衆国大統領メラニア夫人の一言が世界を動かせるものなら・・・

と期待します。

↓↓↓

いつもは政治の領域に踏み込むことのないメラニア夫人が、トランプ政権の政策を批判こそしないものの、移民対策の改善案を共和、民主両党で協議するよう求めたことが明らかになった。

 メラニア夫人の広報責任者ステファニー・グリシャム(Stephanie Grisham)氏は、米CNNに対し「メラニア夫人は、子どもたちが家族から引き離されるのを見るのをとても嫌がっている。両党がどうにか協力して、移民政策の改善に成功できるよう願っている」と説明。「米国は全ての法を順守する国であるべきだが、心ある統治を行う国家でなくてはならないと夫人は信じている」と語った。

メラニア夫人、不法移民の親子分断は「見るのがつらい」

CNN.co.jp2018年06月18日11時47分

メラニア夫人、不法移民の親子分断は「見るのがつらい」

(CNN) メラニア・トランプ米大統領夫人が不法移民の子どもが親から引き離されるのを見るのはつらいと語り、移民法改正を早く実現させるべきだと主張していることが分かった。夫人の報道担当者が17日、CNNに明らかにした。

同担当者によると、米国は「全ての法律を守り、同時に思いやりの心を持って統治する国」でなければならないというのが、夫人の信条だという。

メラニア夫人は先月発表したファーストレディーとしての公式キャンペーンで子どもの健全育成を中心テーマに掲げたが、不法移民の子どもたちの問題に言及したのは初めて。



[PR]
# by sportssmart | 2018-06-21 07:28 | 本当に大切なこと | Comments(0)

安穏と当たり前に平和ボケして暮らしていたところに突然の大地震
予想もできない降って湧いた大地震にひ弱な人間社会は大慌て

武家社会以来の戦(いくさ)のない(緊張感のない・危機感のない)平穏な時間が流れ、いつ戦が起こるかもしれない群雄割拠の戦国時代の緊張感とは違って武士の鍛錬も修行も嗜みさえもなくして、武士の商いよろしく儲けることばかりに精を出してボケーっとして暮らした平和な時代がそのまんま今に日本と日本人に反映している

というコメントがありました。

全くその通り なんて感心したり・・・・・

流されて流されて浮ついて浮ついて全ては他人事で・・・・
上辺の騒ぎだけに現(うつつ)を抜かし・・・・
では、本当に何かあったとき、命にかかわる一大事があったとき
さぁどうする となったときでさえもすべては他人頼り、人任せ。

ホントウに大切なこと、やらねばならぬこと、身に着けておかなければならないこと
を蔑ろにして、どうでもいいことばかりに大騒ぎしているニッポン

全ては後手後手
いつか泣きを見る日がくるんでないか??

自分に力がなくては誰かを助けてもやれないぞ

自分が泳げないのに溺れている人を助けられないでしょ
せいぜい周りで騒ぐことはできてもね・・・・

困ったとき、大変なとき、困難にぶち当たったとき
このときこそその人の本当の力がわかろうってものです。

騒ぎに便乗して盗人、詐欺が暗略横行した東日本大震災
この時私は現地(気仙沼/南相馬)にいてその裏の実態をまざまざと目にしました。
声を上げても消されるばかりで、美談だけが拾われて広がりました。
瓦礫の散乱も復旧工事も目先を変えればいい儲かり口です。

お上に仕える給金にのんびりボケーっとして暮らす平和ボケ武士にすれば
そんなことは知ったことではありません。
みんなみんなボケーっとしている間になんとか元の鞘に治まってきたのが今までの日本社会。
まだまだボケーっとしてのんびりしていられるかも知れないけれど、
いつまでボケーっとしていられるか・・・・

大丈夫か?日本、ニッポン人。
男は強く、女は淑やかに
自分が強くなければ愛する家族も自分の身さえも守れはしないぞ
ニッポン城の殿様がどこまで家来の面倒見てくれるんだい???
ニッポン城の落城の日が来るかもしれないぞ????

ボケーっとしてはいられないニッポン覚醒が必要なときではないのか?

いつまでもボケーっとしてはいられんバイ!
さっさと蔵替えせねばならんかな?
バカ殿に仕える呑気な武士たちよ 質屋に入れた竹光の刀さえ取り戻せなくて
何で大殿を守れようか
裃の見栄のための貧乏暮らしが武士の魂までも質に流してしまったのか????
大して固い武士の心も持たないくせに・・・・

正に今の国の有様が昔の武士の流れをそのまんま表わしているんでないか。
日がなボケーっとして縁側に寝そべっている場合ではないぜよ
鍛えておけよ、武士の心意気と鍛錬を忘れずに!

民の範となる者、人の範となる者
ボケーっとしてはいられんバイ!!



[PR]
# by sportssmart | 2018-06-19 13:37 | 本当に大切なこと | Comments(0)
ここ2・3週のマスコミ、新聞、ネットニュース、TVニュース、ワイドショー、お茶の間番組、何から何まで森友、加計、日大アメフト・・・・
そして、今日は児童の虐待
年端もいかない5歳の子供が ゆるしてください・・・・って書き残して衰弱死していった・・・なんて記事
5歳の子供が自分の気持ちをたどたどしい文字で書き残すなんて・・・・
躾や教育に躍起になるこの国の歪んだ縮図がいっぱいの日本です。

どれをとっても国中の耳目を集める大物たちの嘘丸出しのその姿。
確証はなくても、ウソではないかもしれない けど
ほとんどツジツマの合わない、到底信じられないようなことを、
正々堂々と言ってのけるその姿に驚くばかりです。
驚くばかりか、呆れ返る という方が合っているでしょう。

ただ、正直だけが自慢の私だけの思いでしょうか・・・・
国中の大方の人は同じ思いではないのでしょうか・・・・

未来に夢馳せる若者達、純粋純真な子供達を相手にする私としては、いたたまれない思いです。

この国の民であることに誇りをもって暮らせること と この国の民であることに
嘆き悲しいい気持ち と いたたまれない思い とが交差します。

「なぁ~んか、この国、嫌になっちゃってさ・・」と言い残して
国を出た教え子のひとりの言葉を思い出します。
国を出ることも選択肢のひとつではあるけれど
なんとかこの国の子供達が、若者達が いつまでも真直ぐに
嘘の無い人生を横臥できるようにしてやりたい思いに駆られます。

人として最も恥ずべき事は嘘のあることです・・・・
人として最も卑しいことは他者を羨むことです・・・人を欺くことです・・・
・・・・
なんて、人の道を説く「道徳」教育が取り入れられても
これでは何にもなりません・・・・・

国中から選ばれた議員たちが集まる国会の場こそが
日本の縮図であり、日本人の体質そのものではないでしょうか・・・・
その縮図、その風潮に操られるひとつが教育の場であったなら・・・・

それを垣間見ながらの仕事は息が詰まる思いです。
それでも、何とかせねば・・・・





[PR]
# by sportssmart | 2018-06-07 10:59 | 本当に大切なこと | Comments(0)