Coaching the Core through the Sports Education


by sportssmart

<   2017年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

a0111271_11274193.jpg
下界に下りて思うこと

1月24‐25 志賀高原一ノ瀬
1月23日 志賀高原は大荒れ。信州中野を過ぎるあたりから猛吹雪、ホワイトアウトの中を前進。24,25日と急な依頼を受け、スキー修学旅行のインストラクターで日銭稼ぎをしてきました。
学力優秀な名門校の生徒さん達と、猛吹雪の中で自然の厳しさとスキーを楽しむ自然体験ということではいいけど、「自然を相手の仕事を専門にする者?」としては、この厳しい大荒れの天候の中で外にでることはどうかな?って思うけど・・・・
自然の中で身を守る、安全を確保する、仲間を守るってことの安全(命)第一の鉄則を無視したスキー学校にも驚きでした。
(この天候なら、私の学校ならプロとしての判断と勇気?から、当然レッスンは中止にするところですがね)
日程が決まっていることと「来たからにはせねば(お金が)もったいない!?」 のと、「今、稼がにゃいつ稼ぐんだァ~!」という「日本人特有の損得勘定とガッツ?」とが一致してスキー教室は強硬されました。
このくらいはスキー場では当たり前の天気!?とスキースクールの担当者はいうけれど、雪と寒さを知らない南の子供達には過酷も過酷、たまったものではなさそうでした。
それでも、インストラクターの饒舌に寒さも忘れてスキーの上達を楽しんでいました。早い班では1日半にしてパラレル! スゴイ!
「自然の厳しさを知る」ということではいい体験になったことでしょう!!

できるなら
自然を甘く見ないで、嵐の日には暖炉の前で(部屋の中で)ゆっくり嵐の過ぎるのを待てるくらいの自然との共存、自然には逆らえないこと を学べるくらいのもっと大きな自然体験をしてもらいたいところです。
東京見物と、生徒の世話から何から全てをスキー学校に丸投げする旅行業者が斡旋する「楽ちんスキー修学旅行」がスキー修学旅行と思い込んでいる学校の先生達も、子供達といっしょになって転げまくって一生の思い出をつくってもらいたいなって思います。その方が余程の修学旅行効果があろうってものです。
子供達も、教えられるままに上達して安全に安全にスキーの上達加減、出来栄えばかりを気にするのではなく、この自然の厳しさとファンタジーとスキー上達の爽快感の中から自らチャレンジして「人生」を学んでいってもらいたいものです・・・
「スキー修学旅行」に何の意味をもってやってくるのか 
集団生活の体験や仲間づくり、思い出つくりなら他の学校行事でも出来るだろうに・・・・
「自然」という人間にも勝る驚異の中で過ごす時間を「教育」にどう生かすかが学校が捉えるスキー修学旅行の大きなねらいであろうに・・・・
折角の機会を他人任せでは・・・・・
風邪ひいた、具合が悪い、お腹が痛いくらいのお世話なら学校の先生でなくてもできるでしょ!
学校の先生、先生の仕事をしていないのと同じではないかな????
「野外教育」ってこんなものであしらわれているのが現実で、もっともっと人生や安全、危機管理を教えてくれるものなんだけどね・・・・
文明文化・機械化都市化、科学の進歩発展の反面、地球環境の変化の中で自然災害が頻繁になってきた今だからこそ自然体験を通した自然との付き合い方を通して「人間がどんなにあがいても自然には勝てない、欲張らない人生」を学べるんだけどね!!??
閉校式の挨拶ひとつにしてもあまりにも楽?した先生の挨拶だから尚更に儀礼的で中味が薄いような気がして・・
学校って、学校の先生方って 何考えているんかな?
学力優秀な名門校だからこそ、この後の人生に自然体験から学ぶ「人生にも似た自然が教えてくれること」ってやつが役に立つだろうに・・・・・
薄っぺらな学力優秀人間を輩出するより、応用の効く、中身のある強い人間を作っていかなければニッポン国は沈んでしまうような気がして・・・・・

山はいろんなことを教えてくれるでョ!



[PR]
by sportssmart | 2017-01-27 12:57 | 教育/学校 | Comments(0)
世界の人達と、世界を知り、世界を感じ、
裸の日本を感じる

なんてこったない!?
雪の上に立てば何年経ったて昔の感は甦るものです
スーパー大回転、コースセットは最高!
a0111271_16025659.jpg

日本の雪の良さに惹かれて、日本でのトレーニングに可能性を夢見てやってきた子供達との時間も終わり、静かな日常に戻りました
世界中の人達とご一緒して、日本の良さを伝え、幸せの何たるかを語り、平凡の大切さを実感するひと時でした。
世界中どこに行っても幸せの最小単位は同じです・・・家族と共に、家族との時間・・・

            Japanease Ceremony
a0111271_15214462.jpg

a0111271_15223545.jpg
a0111271_16074699.jpg

a0111271_16085114.jpg

a0111271_16121215.jpg
a0111271_16143181.jpg

a0111271_15305317.jpg

1月10日から3日3晩続いた史上稀に見ない猛吹雪の中を、危うく事故に遭いそうになりながらもフェリーを乗り継いで東北道をひた走り、やっとの思いで我が家に辿り着きました。
飛び跳ねて喜ぶ小さな天使たちの出迎えが1月続いた仕事の価値を実感させます。
南半球の友人、アジア圏の人、EUの友、ロシアからの客さん、そして中南米メキシコの友人と
雪を知らない国の人達に雪の世界の素晴らしさを感じてもらい、夢を与え幸せを感じてもらえて・・・夢へのチャレンジに応援出来て・・・こんな素晴らしい仕事ができて幸せです。
しかし・・・・
若くはない体でいつまでこんなことが出来るのかを思うと先の灯に淋しさを感じたりして・・・

さてさて、
新しいチャレンジは雪の上ばかりではありません
新しいチャレンジは 廃れ行く日本の心を育て続けること、
これなくして世界とは渡り合えません。
そのことを、この国は知っているのだろうか・・・・
日本の美しさを誇る雪山と、凛と引き締まる蒼畳の上を股に駆け、地球の裏側と行ったり来たりの私には、今の日本とその先のこの国が危うく見えてなりません・・・・

日本を継ぐ子供達相手の柔道教室再開
a0111271_15345173.jpg
     

小さいながらも凛として
           
a0111271_15263362.jpg

見よう見まねに やることは一丁前!
a0111271_15273448.jpg

下界に降りて来てみる今の日本、TVやタブレットにみる虚構の世界に、目に見える現に囃されて、
世界に通じる日本の強み、日本の良さを見失ってはいはしまいかと心配するのは余計なお節介でしょうか・・・・


[PR]
by sportssmart | 2017-01-20 15:36 | Change the World | Comments(0)

自然が教えること


2017年1月5日
ホテルの窓から見る今朝のウェザーコンデションは最高
a0111271_17314264.jpg

ネイテブイングリッシュスピーカーのスキーレッスン
スキーと英語のWミックスレッスン
わけのわからぬネイテブインストラクターの英語に素早く反応する子供達
インストラクターも日本語の子供に四苦八苦
それでもWレッスンは大成功!
午後にはリフトを使ってスイスイ滑って来れました。
このチャレンジは大きな自信につながることでしょう
a0111271_18053488.jpg

遠くから来た天使たちのお楽しみも絶好調
a0111271_17334680.jpg


欠かせない必需品
グルコース測定キット・薬・サングラス・
携帯電話・パソコン・車のキー &ノンシュガーコーヒー
それと、今日のパワー、やる気!! 元気?!! 明日の力!
a0111271_17342395.jpg




[PR]
by sportssmart | 2017-01-07 18:16 | ビバ スキー | Comments(0)

優しい時間 柔和な笑顔

I'm in Niseko with guest family from Mexico,so happy!! (30.Dec~2.Jan)
a0111271_20322876.jpg
a0111271_21000007.jpg
Maybe she will be only one olympic alpine ski racer of Mexico.


Tonight came back to Furano(2.Jan)
a0111271_20402885.jpg

she is a lobby staff who good hospitality and cute,just my favorite.
she make me motivation up , I don't know why・・・・・・.
a0111271_20413538.jpg
誰にでも優しくいられるってのは、少しは強くなくてはできないものです・・・
今年は、誰にでも優しくいられる人になりたいなぁ~なんて思ったりして・・・・
なかなかできないものです・・・・
柔和な笑顔はその人の心の鏡なんでしょうね・・・・
そんな爽やかな人にあやかって、そんな人になりたいな!!

[PR]
by sportssmart | 2017-01-02 21:24 | ビバ スキー | Comments(0)