Coaching the Core through the Sports Education


by sportssmart

<   2014年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

本格的な降雪を待つシーズン前の今は「待機」という仕事で忙しい毎日??です  遠くの山々は気持ちいい・・・それだけのこと・・・これがいいんですねぇ~   忙しい時間?の合間に・・・\m(^0^)m/
a0111271_10395373.jpg

高倉健さんの残したものは
高倉健さんが逝ってみて、初めて
大きな反響となって日本中に人の在り様を訴えているようです。
他者への想い、気遣い とはどういうことかを教えてくれているようでなりません。
高倉健さんが亡くならなかったら、そのことに気付かせてくれたでしょうか?

きっと、その育ちが俳優高倉健という虚像に隠された本物の高倉健という人間をつくっていたのでしょう。
健さんのお母さんの「育て方」がこの大きな高倉健を育てたのだろうと予測がたちます。
貧しいだの裕福だの、偉いだの金持ちだの貧乏だの
そんなことは関係なく、どうであっても人の道は人の道として大事にせねばならぬという厳しい賢女の子供想いの母親像を思わせます。
こうして高倉健さんの死に、話題が集中するのは
日本の今に不足するものを多くの人が感じるからでしょう
そうでなければ、「気遣い」などは当たり前のことで話題にもならないでしょう
このどんな人に対しても「他者への思いやり」「人への想い」という尊い人としての基礎中の基礎が
いまクローズアップしています。
さて、この後、この多くの人の心に響いたはずの「他者への気遣い」がどう発展していくのか
「日本」という国のこの先が楽しみです。

WHILLという車いす制作会社を知りました。
車いす利用者の知人が「100m先のコンビニに行くのを諦めた」という話を聞いて、
100m先のコンビニに行くまでの間にある数々の物理的障害と、人目にさらされている心理的苦痛を思い「何とかしたい」という想いから車いすの制作に取り組んだということです
その車いすはその車いすを使うこと、その車いすに乗って街に出かけることに喜びや自慢さえ感じられるような誰でもが楽しくなるようなアイデアとデザインに溢れています
この車いすには便利や機能としての応援ばかりでなく、「心の解放」という、目には見えないもっと大きな応援があります
加えて、それぞれに身分も保証もある一流会社の職を投げ打って手持ちの少ない資金を出し合っての会社設立であったこと
大きな賭けで大きな勇気があったことでしょう
その先の理系の英知を合わせた発展には目を見張るものがあります
流石、優秀な理系人間のやること、
やっぱりちがうは!!と関心しかりです。

こういう、想いのある若者が立ち上がっている姿に、世も捨てたものではないと安堵します

高倉健という一人の映画俳優の逝去とこのものつくりに賭けた若者達
決して別なものではないように思います

想いを伝える
その形は、心・気持ちで伝えることと、モノ・技術で伝えるという別々のものであるように見えるけど、想いをどうやって伝えるかということでは共通しているわけです

テレビはどこも同じような目線で健さんの作品とロケ地の紹介・追悼イベントに視点を当て、視聴率を競っています
この機会に、今の日本に鐘を鳴らすヒントのひとつでも投げかけれないものかと願います
他者追随で言うは易し、騒ぐは易しで、そのうち熱さは覚めることでしょう

小石を投げた川面に広がる波もんのように
大きな石を投げてくれた健さんの死が、国を知り、国を思い、他者を知る他者を気遣う大きな波もんになればいいのですが・・・・・

人に生まれた者なら
誰しもがもっている 心遣い 気遣い 他者を思う気持ち

出来るかどうかは別としても
みんな思いは同じはず
だからこそ
高倉健さんが残したものは人の心に響いたのでしょう
誰もが出来ることでないにしろ
何かは出来るはず・・・・・
変わりましょう自分自身が・・・・・
[PR]
by sportssmart | 2014-11-23 11:11 | 本当に大切なこと | Comments(0)
Never loss a way!!
a0111271_7201153.jpg

a0111271_7265472.jpg

想いを伝える、心を伝えるという仕事は大変です

こういう仕事を「感動」という形で伝え、心に残していくのが俳優という役割であったり、映画という「作品」として残るのでしょう
伝えることの難しさ、大変さを、
映画俳優・高倉健さんの死と生涯の生き方は、このことを教えてくれました。

普通というのは難しいものです
何気なく、どこにでもある、誰の心の中にもある、当たり前のこと、普通のこと、誰もがもっている善なることを口にしたら、みんな我に帰るけど,それを口にした者は 「変わり者」 になってしまうのが人が集う「世の中」というものです。
そこで、普通に、誰でもが当たり前に知っている「大切なこと」を伝えようっていうのだからいよいよ大変です。

覚悟が足りないからいろいろ大変だなどと困難を感じるのでしょう。
もっと覚悟を固めれば何でもないこと・・・・・
大変なことなんかありはしなくなりました。
恐れるものはありません。
このまま消えてしまうことも、
死んでしまうことも怖くなんかありません。
これなら、何度挫けても挫けても大変なことに向かっていけます
覚悟を深めればその先が楽しくなりました。

世に鐘を鳴らすことを思うと
死んでしまうことさえ大したことではありません
これだけ豊かになり、モノで溢れてしまうと大切なことに気付き、大切なことを選ぶことさえ困難な世の中になりました
どんなに時代が変わっても世代が移っても、人がもっている心の中の大切なことって変わるものではありません
みんな知っていることなのに・・・何故? って
誰でもが思う「酷いこと」って日常に転がっています・・・・

3歳の子供を川に投げ込んで殺した若い母親・・・・
誰でもが 胸が詰まり、ゾッ とします
老年の女が何人もの男を手玉に取って殺してしまって億の金を手に入れた
なんてニュースも流れています・・・・酷いことが溢れています
ドラマの中では必ずと言っていいほど 憎悪と 殺し があります
TV番組のほとんどがグルメとファッション、旅番組
そして、日本語も使いこなせない軽々しい女性や女性タレントの台頭が目に余ります
そんなに多くの人がグルメを堪能し、流行のファッションを楽しんで、あちこちに足をのばせるわけではありません。できるのはスポンサーを抱えるテレビ番組の中だけで、女の悪が男を食い物にし、ダメにしているかのような社会現象を映し出しているようです・・・
そうでなければ奇を照ったお笑い、単純に腹を抱えて笑えるようなものならいいのですが・・・
ニュースは 核心 をはずしてボカシます
誰の身の回りにも、身近な「心ないこと」が転がっています

言ってしまえば「それまで」のことですが、その一言がなかなか口に出せないのが世の中
誰でもが知っている当たり前の普通のこと・・・正しいこと・・・
これを伝えるのはなかなか「大変な仕事」なんて可笑しなことです

何でも覚悟を深めれば何てことないこと
何でも出来るものです
何も恐れないで・・・・・
まだまだ続くこの先の困難も、なんだか楽しくなってきました・・・
いよいよ最期の覚悟の時がすぐそこに来ています
重いものを捨てて、いよいよひとりになれば遮るものはないのですから先は明るく感じます・・・・

教育で世界を変える
日本でいえば、先ず現場を変えなくては・・・
先ず、現場の教員の資質を変えなくては・・・
孫が学校に通うようになり、
ますます稚拙化する学校現場の、教員のレベルの低下を感じます
そして、田舎に来れば来るほどその実態は酷いものです
田舎に来れば来るほど、普通に?問題意識の希薄さに驚きます

何としても、
何もないところから、不偏の大切なことを伝えなければ・・・
とつくづく思わされます・・・・

伝えるって大変な仕事です
まして、普通に暮らしながら、生きながら・・・・・

切実な問題は暖房(灯油)がなければ生きてはいけないこと
ここで、お金が無かったら、まず生きてはいけないのですから「生きる」ってことの最優先を知るのと、「諦め」という「無気力」を知ることの両方を体験できるのが自然の雪の中の厳しいさです
a0111271_7593111.jpg

上富良野市街から十勝岳連峰を仰ぐ
[PR]
by sportssmart | 2014-11-22 08:11 | 本当に大切なこと | Comments(0)

3pm.5.Nove.2014
When open the window in my room, I can see small ski mountain that covered new white snow. Jast this time,my feeling is very happy.
Yet, snow is not enough to school open, may be about 10 days later will be start. Fom this winter season,my working base moved to Mt.Furano ski grand.
My more pleasure is next spring coming.
Long long winter which covered much snow is making to peples in nervous. Lucky,my job is fantastic ski escort,guide and lessons with the guest. I shall be happy everyday
After finish the season, I shall go to asian countries for support to sports education for children、during several weeks.
God given last mission for my good last life.

Thanks.

(窓を開けて裏山を撮る)
a0111271_15093223.jpg
English speaking は極々シンプルに単語を並べるだけだけど
そのフィーリングを受け止めるのはその距離感であったりします
感情や思いを上手く伝えたり受け止めたりするのは、
その人の持つ豊かな感性であったり表情表現であったり受け止め方にあります
中学生程度の英語でいくつかの国を渡りました。小学校からの英語必修なんてやってますが・・・
これで、何とか(十分)やって来たのですから、先ずは人をつくらねば・・・って つくづく思います。先ずは、しっかりした日本人であることが先です。
英語もスキーも、スポーツもリズム、強弱、メリハリ、テンポ・・・
人の中にある生体リズムが心地よく引き出されることが大切です
日常のあり方そのものがどこにでも通じる「国際性」を持っているかどうかです
英語教育にしてもサッカーにしても、ただ走るだけのランニングや山登りでさえ何でもかんでも○○教室で習う、教える・・・から・・・・
自分でやって、自分で身につけろっての!

なんか違うんでないかな? って思うんですが・・・

さて、意訳も含めてこんなことを言ってみたかったのですが・・・
どうかな?

*****************************         


部屋の窓を開けると真っ白な新雪に覆われた小さなスキー場が目に映り、この時が、とても幸せな気分になります。
まだ、雪は開校には十分ではないけど、10日ほど後には開校の見込みです。今シーズンから 仕事の場を(本拠地を)富良野スキーエリアに移しました。

それよりもっと楽しみなことは春の訪れです
豪雪に覆われた長い冬は人の心を重くします
幸運なことに、私の仕事はお客様との素敵な楽しいエスコートガイドやレッスンで、毎日楽しく過ごせます
シーズンが終わった後、数週間、
子供達のスポーツを通した教育活動の役に立てたらとアジアの国々を訪れるつもりです。
神様は、いい人生の最期を迎えるために、最後の仕事を与えてくれました

ありがたいことです(感謝しています)






[PR]
by sportssmart | 2014-11-16 18:24 | ビバ スキー | Comments(0)
近代的な設備が整った市民病院
でも、決して快適 なんてものではありません
だって、ホテル なんかじゃありませんものね
a0111271_15365531.jpg
病棟は・・・・当然の成り行きで老いてゆく人であふれています
老いて病んで死んでいく

生れて、老いて、死地に行く

病んで他人の手を患って・・・ということがないまま、
元気に終わりを迎えることができたら・・・・・

病と闘うって嫌なこと、無駄な時間を潰します

医療にかかる前の予防、健康であること
予防医学の分野がなおざりにされて・・・

若いうちの元気が、ある時、プツリと途切れるときが来ます

齢には勝てない・・・・といいますが
老化、加齢による衰え、機能低下は
生物学的サイクルから避けられないことであっても

人間には精神の若さが支える ” 輝き ”というものがあります。

いつまでも輝いて生きたいものですね

日本に健康学科なるものが導入された初期の頃
人の健康にかかわることが出来たら・・・と思いこの分野に関わったのですが
なんてことない・・・・・
ただ悪戯にスポーツに戯れて・・・・
今になってつくづく思います

健康でいられることの大切を
ただ、体が元気かではなく
心がどれだけ満たされているかの大切を思います
心の満足が体も頭も(脳機能)長く支えることができるのでしょう
人の幸せがなにか、どこにあるか・・・・

最後までしっかりした意識を持てること
精神の輝きがあること って 
見事な人生 って いうことではないかな








[PR]
by sportssmart | 2014-11-15 15:58 | 命・育み | Comments(0)
本格的なスキーシーズンが待ち遠しい毎日です

外はいい空気、いい感じ それだけでハッピー …
でもね、なんか足りないなァ~
でもね、寒いね! この寒さがいいんだねェ~・・!
a0111271_19030297.jpg
a0111271_10233294.jpg
東京のカンボジア大使館で出会った友人から国際電話が・・・
学校の先生にNorisanのことを話した、Norisanは直ぐにカンボジアに来れますか? ということ。
カンボジアに新しい学校が出来るんだそうです、そこに来てくれ ということです。
何んとか直ぐに!と心は走るけど時間があっても先だつモノがありません
あちこちでいろいろな境遇の子供達と触れて、あらねばならない世界というものを感じています
ここに幸せの村がつくれれば、世界中から満たされない子供達を招きたいところだけれど・・・
その日が来ることを夢見て・・・・
時は悪戯ということをつくづく感じさせられます
来るときは来るものです
ないときは無いものです
ホント、この世は思うに任せない・・







[PR]
by sportssmart | 2014-11-09 19:28 | いつでもハッピー | Comments(0)
5日
初雪にしては大雪に襲われた昨日に比べ
パァ~っと晴れていい天気
あんなに積もった雪もすっかり解けてしまいました

交換が遅れていた夏タイヤのまま恐る恐る車で1時間の一番近くの大きな町まで行ってきました。
遅くなっていたタイヤ交換、ワイパー交換
何やかんやで31,000円、越冬準備に細々9,000円
デッカなタンクにチョット灯油を入れただけで10,000円
目ん玉がぶっ飛んでしまいました

さぁ~、これで活動範囲が広がります
明日明後日はここから20分ほどの富良野で・・・・

こんなに可能性が大きいのに、
誰も気付かない、ほんのチョッピリ気付いていてもどうしようもない
どうせ、何も起こらないのなら何もしないのが最善の策
誰かがやらねばオレもやらねェ~
誰かがやって上手くいけばオレもやる
何もしない、昔のまま そのまま そのまま・・・
そして、警戒心と不平不満は人一倍

どこの田舎にでも普通にある町民の感覚です

都合のいいことがあればスグなびく
どこにでもある日本人の姿です・・・・

さて、タイヤ交換もしたし、どこにでも行けるぞ
どこにでも行って誰とでも話して・・・・・
新しいチャレンジはこれからです

しかし、雪国で暮らすにゃ金がかかるは、かかるは!!!!
参った 参った!!
(昨シーズンまではVIP待遇のホテル暮らしで、何の心配もなかったのだけれど今シーズンからは新しい世界に挑戦です)
雪国こそ最低自給は高く、税金は低く、給料は高くせねば暮らしていけないだろうに・・・
温暖な南の方なら暖房費もタイヤ交換も雪かきも無いのだからね
屋根があって、コタツひとつと上着の重ね着でなんとかやっていけるものね
水道なんか凍ってしまったら大変
夜通しストーブを焚いているなんてことは当たり前、灯油代はベラボーです
広大な土地の広さは、ちょっと出かけるにも車での移動
車が無ければどこにも行けません
ガソリン代も普通に莫大です
そのくせ、所得は全国一低いのです
どうなってんだ?
どうやって生きているのだろ?

そんなことに気を留めていないで結構いい車に乗って、あちこちに出かけて
それなりに「豊かに(?)」暮らしているようです

そこんとこが いい んですねェ~

「豊か」って何だ? っていうこと、勉強になります
毎冬、その豊を手伝う仕事をしているのですがね・・・
どうしてもお金持ちを相手にすることの方が多くて・・・・

お金が無くても 豊な暮らしを…
そんな文化が広がれば…いい国になるのに ネ!









[PR]
by sportssmart | 2014-11-05 21:15 | ビバ スキー | Comments(0)
11月5日
2日間雪で閉じ込められた後の晴れた朝 
最高の天気、気持ちいい!!
a0111271_09281533.jpg
a0111271_09251543.jpg
a0111271_09311491.jpg
朝陽に輝く雪景色は最高の気分にさせてくれます
ファーストアタックのシュプールが眩しく羨ましい気持ちです
初滑りにはまだ早そうですが待ちきれない猛烈なスキーファンがいるようですね

さて、
季節の変わり目のこの時期、単身での暮らしは快適でもあり淋しくもあり・・・・
何か足りない・・何か足りない・・
それって何なんだろう

どんなに満たされていても、埋め切れない不足するものってあるものです
愛するもの、愛する人が空気のようにすぐそこにいることってとても大切です
こんな齢になってもそれを感じるのだから
年端もいかない小さな子供だったらどうだろうって思います
子供の心に、必要とするとき、すぐ傍に満たされる何かが無ければ
その形は見えないけれど、心を埋めるものの形(存在)は「人」という形で感じることができます
それが小さな子供にとっては母であり父であり・・・・
それが愛の無いものであっても、「存在」とい形で「心」を埋めることができます

冬晴れの気持ちのいい朝
こんなに満たされている朝なのに
すぐそこに愛という形の「人」を求めてしまうのは何故でしょうね
愛に溢れた思い出があるからこそ、それを求めてしまうのでしょう


季節、自然の変わり目は、いろいろなことを感じさせ、考えさせます
小さな山の中の学校が廃校になるということで
何とか残せないかという相談依頼がありました
a0111271_10194466.jpg
a0111271_10233294.jpg
愛に満たされない子供達がいるとすれば、
ここが愛であふれる場にできれば・・・なんて思いますが・・・
儲けのないことには、なかなか飛びつかない世の中です・・・
まして「形」のないもの、結果のないもの、「利益に繋がる価値の無いモノ??」には見向きもしない世の中です
「物事の価値」ってそんなものではないような気がするのですが…
「壁」は厚く高いものがあります・・・
でも、この気持ちのいい自然の中から何かを発信できれば・・・・

この校舎を活かして使いたい方はご連絡を(コメントを)








[PR]
by sportssmart | 2014-11-05 10:42 | ビバ スキー | Comments(0)
11月4日朝
窓を開けると雪・雪・雪・雪
ヤッホーとばかりに外に出てみました
脚の脛(スネ)まで届くウェットな雪です
こりゃーしばらくは解けないデぇ~
困った!! タイヤ交換してない 身動きが取れない!
初雪’なんてもんでないで、流石、上富良野
今日は来春廃校になる小学校の視察の予定 参った!

a0111271_08052745.jpg
家の裏のスキー場は霞で見えないほどの降雪
a0111271_07304409.jpg
ハウスの裏のスロープはすぐにでも滑降可能なコンデション
a0111271_07323466.jpg
北海道ならではの広い「路地」も雪で埋まってます
関東の首都圏の「国道」並みの広い「細道・路地」
a0111271_07370105.jpg
夏タイヤのままの愛車は身動きとれません
ひとまずこの雪が解けたらタイヤ交換を急がねば・・・
でも、解けるかな??この調子では根雪になってしまいそう??・・
a0111271_07342072.jpg
雪国では命の綱、灯油のビッグタンクも雪帽子
a0111271_07433234.jpg
大きな問題はこいつ
ひと冬こいつに掛る費用はばかになりません・・
倹約節約ばかりでは生きていけないし・・・・
稼がねば、稼がねば・・・
a0111271_07415445.jpg
雪の華をつけた木々はロマンチックファンタジーを誘います


兎も角、今朝はハッピー!
ビバ スノー!








[PR]
by sportssmart | 2014-11-04 08:35 | ビバ スキー | Comments(0)

雪・雪・雪

11月3日(月)
暗くなってから街灯にちらつく、きれいな雪風吹
冬冬冬、雪雪雪

ゆ~きやコンコン 霰やコンコン 降っても降っても・・・
犬 駆け回り、ネ~コはこたつで丸くなる ^^♪~ 🎶
の気持ちよォ~くわかります

待ち焦がれていた冬の訪れです・・
でも本格的な冬にはまだ早いこの段階で、
灯油代節約の暖房では 寒いは 寒いは 😭・・・!!

明日の朝は、丘の上がゲレンデに早変わり??
ならばいいのですがね  \m(^0^)m/
あとは本格的なシーズンインを待つばかり

バカみたいに浮かれ気分の大金を使ったアプレスキーでなくとも
素朴な中に、十分に楽しめるスノーファンタジーとスキーライフがここにあります
今シーズンは富良野・新富良野・北の峰をベースにいますので、
知った方は是非のお来しとご連絡をお待ちしています
a0111271_19004450.jpg

a0111271_18512170.jpg
a0111271_19042444.jpg
自然の中では、何ものにも束縛されない解放された環境が大切です
ラグビースクール本拠地を兼ねる上富良野日の出公園スキー場は
チビッ子、ファミリーにはクラブハウスを備えた最高の環境があります











[PR]
by sportssmart | 2014-11-03 19:29 | ビバ スキー | Comments(0)
a0111271_14273009.jpg
上富良野の町を一望できるラベンダーの丘がこれからの拠点です
a0111271_14322794.jpg
a0111271_14304533.jpg
a0111271_14101109.jpg
ここを拠点に、冬はスキークール、
a0111271_14344412.jpg
夏はラグビースクールで
a0111271_14415830.jpg
一年中子供たちの元気な声で賑わう日がもうじきです
a0111271_14133953.jpg
クラブハウス
a0111271_14392285.jpg
広大に広がるラベンダー畑
a0111271_14154481.jpg
誰でもが気軽にできるノルデックスキーにもってこいの丘陵
この3連休の長閑な休日でさえ、人っ子ひとりいない素晴らしい環境
素晴らしい自然の環境があまりにも身近にありすぎて、暮らしの中にある潤いに気付かないのでしょう

かつて、フランス、オーストリアのヨーロッパアルプスで感じた、暮らしの中にある自然との共生が身近なものになれば長い冬の寒さとも、閉じ込められてしまう雪とも友達になれることでしょう
冬の陽だまりの中で、コーヒーポットをぶら下げてのスキーハイキングは格別に味わいのあるものです
ニュージーランドで知ったラグビー文化は、
夏の夕暮れ時の広場で、誰でもがワイワイ楽しめるボール遊びは人と人をつなぎます
何もない、小さな平凡の中にこそ、潤いがあり、喜びがあり、
気付かない愛で溢れていること
そこに大きな価値があること

1、2位、優劣を競うこと、発明発見、便利を求めることばかりが重大なことではなく
勝たせることばかりがコーチ?ではなく
人としてのより良い生き方と正しい価値観を育み、子供たちの可能性を伸ばすのが子供に接する全ての指導者の仕事であること
知育の前にもっと大切なことがあること 
指導という「仕事」の前に、もっと大切にしなければならない「大切な思い」がなければならないこと を 
この地から発信できる日を夢見て
いよいよ ”大切なことを伝える一大事業” に 出発進行、全速前進!! 面舵いっぱぁ~い !!
a0111271_14215573.jpg




 
[PR]
by sportssmart | 2014-11-01 15:51 | 本当に大切なこと | Comments(0)