Coaching the Core through the Sports Education


by sportssmart

<   2014年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧


Ecole de' la Rentre'e
回復の学校
a0111271_19185427.jpg
長い間温めていた Hill qu’ Rest(仏語:休息の丘)、
Ecole de' la Rentre'e (仏語:回復の学校)
の開校準備に一歩近づきました
La Rentre'e :フランス語で回復、復帰、復活、癒しなどという意味です
フランスでは長い夏休み(Vacancia:バカンス・休み)が終わり
学校がはじまる9月を La Rentre'e(ル・レントリー:回復・復帰の期間)と呼んで、
生活の切替えに慣れていく、新しい環境への切替え、新学期への切替えの期間を設けています

困難の最中にいる人、困難を抱えている人、
困難から逃げ出しようのない状況にある人
いろいろ周りは勝手なことを言うけれど本人にしてみれば、
どうしてその窮地を脱っするかには思いも及ばぬほど大変なのです

誰でも失敗間違い、失い、迷う ことはあるものです
そのどん底から回復するには光さえ見えないのが現実です
人生の回復、復帰・復活は誰でも望むことでしょう

人は、望めば幸せになれるはず
人は、望めば幸せを取り戻せるはずです
勉強に躓き、仕事に躓き、社会に躓き、人生に躓き
再起を決して立ち上がっても更に追い込まれ…
そんな人はいっぱいでしょう

山登りや白銀の中で、難しいことは考えないで
簡単に、単純に 心の馬力を取り戻し
困難に立ち向かっていける内なる力を発見できる
心の霞がスッーっと晴れるような、そんな時間をつくれるところがあれば……

人が、子供達が何かから回復し、復帰し、復活し、回帰していく学校
教材は自然 空 空気 木々 山の緑、太陽の眩しさ
そっと見守り、そっと背中を押す人がいること
わかり易い導きがあること
そんな学校つくりの熱い思いに、

「ずっと、そんな人を待っていた!」という人と出会いました。

金のことは言わネェー
あんたの好きなように使ってくれ! って言うのです

ビックリしました 驚きました
望み続けてたからこそ出会えた時間でした
でも、今すぐ、どうにか出来るわけではありません……

これからです……

a0111271_19165608.jpg
空港から1時間半のアクセス
新しい世界へ入る足慣らし、救済救人、
スポーツ合宿・高齢者福祉・宿泊研修・コーチングクリニック
アウトドアアクティビィテー 幼児教育 野外教育活動、
海外コミュニケーション 何にでも使えます
a0111271_19090748.jpg

a0111271_19222404.jpg
a0111271_19131334.jpg
a0111271_19185427.jpg




[PR]
by sportssmart | 2014-07-31 20:28 | 教育/学校 | Comments(0)
7月29日(火)
昨日今日のビッグニュースは長崎県佐世保の高1の少女が友達の命を奪った壮絶無惨な事件
ニュースからの情報の範囲では
命を奪われた友人の恐怖と無念さは計り知れないものの
考えられない狂気に及んだその少女の心の軌跡がうかがわれます…

15歳16歳になるまでに有るべき時間と経験、出会うべきこと、出会うべき愛
それがどれほど奪われてきたのか・・・・
小さな子供では選べないことがあったのでしょう・・・・・
心が曲がり崩れていく過程があったのではないかと
同情の念にも駆られます

もし、家庭の温もりがあったなら
もし、最愛の親との死別がなかったら
もし、父親との関わり方がちがっていたら
もし、お金持ちでなくて、もっと庶民の暮らしに近かったなら
もし、ひとり暮らしでなかったなら
もし・・・もし・・・・
この子には不足するもの、不足することがあまりにも多かったのでしょう

生まれてきた子供が
最初から「悪」を持っているわけがありません
そこに至るまでの何かがあったからこそ
そこに至ってしまうのでしょう

それを思うと
とても可哀想な思いがするのですが・・・・

他と違うからといって差別区別されることはないのに
卑屈になってしまうことはないはずなのに
私は違うんだ! という被害意識が湧いてくるのも仕方ありません
あまりにも愛情が不足していたのなら・・・・

命を亡くされた側、奪われた側の悲しみ苦しみは計り知れない大きなものです
その反対側で、身近にある不足するもの
その中に居なければならない年端もいかない力ない子供の心にも思いを寄せなければならない社会問題であるような気もします。

ニュースは類をみない狂気な事件に一方的過ぎるような気がします
ある意味、日本社会の教育循環の歪の一部でもあるかも知れません
社会的立場も経済力も高い位置に属する家族構成が決して豊かな愛情で暮らしているとは限りません
貧しい暮らしが豊かでないかのように言い表される世の中ですが
その小さな暮らしの中にどんな豊かさがあるかが大切です

そんな穿った日本の風潮の中で
幸せとは・・・という価値観がズレていっているのではないでしょうか・・・・
TVの報道も ものの核心ことの本質に触れてくれたらいいのですが・・・・


[PR]
by sportssmart | 2014-07-29 12:14 | 本当に大切なこと | Comments(0)

毎日 登山・巡視 

7月28日(月)
高山植物保護植生保護のための登山道整備と巡視
毎日の登頂登山はいささか楽ではありません
天気のいい日はこの世の極楽 極楽!
a0111271_11234351.jpg
下界の騒音を離れ、心配事から逃れ・・・・
ハッピーってか? 
詰る所は人間・・・・
それがそうでもないんやで



[PR]
by sportssmart | 2014-07-29 11:25 | いつでもハッピー | Comments(0)

猛暑 でもストーブ


7月27日(日)下界では連日猛暑の知らせ
大雪山の裏側、銀泉台 赤岳麓
ここではストーブを焚いてます
a0111271_10591439.jpg
a0111271_11021329.jpg
a0111271_11063224.jpg
a0111271_11034005.jpg


[PR]
by sportssmart | 2014-07-29 11:11 | 心を開いて世界を拓く | Comments(0)
7月26日(土)大雪山 赤岳頂上
a0111271_10152354.jpg
a0111271_11273399.jpg
a0111271_09330048.jpg
a0111271_09422784.jpg
a0111271_09471137.jpg

遠くから仰ぎ見る山の勇姿は人を惹きつける美しさがあり、
何故か心を洗ってくれるような気がします。
近くに近寄ってみれば、自然の厳しさに吹きさらされた残骸が転がっていて
麓で見る美しさは何だったのかと失望させられます
そして、頂から仰ぐ、遠くの山々の美しさに癒されます

赤岳山頂から遥かに続く大雪連山
a0111271_09353288.jpg
人間社会も同じこと
遠目に見る美人が、近くで見たらブスなんてことはしばしばで、
遠くで見聞きする性格の良さは近くで知ればよくない性格の人
なんてこともよくあることです
遠くから仰ぐ富士山がきれいな山で、日本人の心を表す代表のように
日本の象徴のように言われますが、山懐に入って真近にその実態を知れば
車窓にみる富士山には想像もつかない富士山の本当の姿がそこにあります
富士山世界遺産、知床世界遺産に多くの人が物見遊山に訪れます
本当の山の姿、本当の山の自然が人間社会に教えようとしている本当のところを
多くの来登者が感じてくれたらいいのですがね・・・・・
日本という国、長い間島国日本という閉鎖社会で培われた日本人気質の
本当の姿をいまこそ知るときではないでしょうか

私の山との出会いの最初がこの大雪山で、
若い頃フランスオーストリアの本場で知った山々と人の関わりが
日本のそれとは全く違うことに驚きました
起伏のあるアルプス地方に暮らすのどかさが人生そのものを豊かにゆっくり歩かせていました
今夏、日本で一番広大な大雪山国立公園の入口にいて
短い夏休みを楽しもうと訪れる登山者達にゆとりと豊かさを感じないのは何故でしょう

遠くで見る山は美しい
頂を踏破するにはそんなに容易いものではない
登りつめたら制覇した満足はあっても足元はそれほど美しいものではない
また、はるか遠くの山々に目がいき、遥かな美しさに惹かれる
どこか、人間そのものの哀れと欲を思い知らされ
人生を教えてくれる人知れずの大雪山です

a0111271_10295495.jpg





[PR]
by sportssmart | 2014-07-29 10:51 | 心を開いて世界を拓く | Comments(0)
a0111271_05320182.jpg
北海道大雪山 銀泉台登山口にて登山者指導

夏休みに入り、毎日、多くの登山者が訪れます
先日は、事務所の中を舐めまわすように覗いて
「何も売ってないのかい?!」
と いぶかしげに言う人がいました
中には、コンビニはどこ? って聞く人もいます

無いんですよ ここは山の中ですからね
と優しく答えるのが仕事のひとつです

そして、加えます
山の優しさをいっぱい味わって帰ってくださいね って

訪れる方々の大切な時間を壊さず
そっと、人生の潤いを感じてもらえることを願います

そして、思います
なんてこったァ?! ってね
a0111271_05244402.jpg
a0111271_05143770.jpg
a0111271_05173303.jpg
a0111271_05184286.jpg
a0111271_05202653.jpg



[PR]
by sportssmart | 2014-07-26 05:47 | 本当に大切なこと | Comments(0)

中愛別から
北海道大雪山国立公園
黒岳から凌雲、北鎮を仰ぐ
a0111271_18550879.jpg
2014.6から 
森林保護員(非常勤国家公務員)として
大雪山国立公園大雪高原に入る
うだるような下界の猛暑に比べ
ここは天然クーラーの別天地・極楽極楽……………

山は(自然は)多くのことを感じさせ、学ばせてくれます……………
山がいい、海がいい、といっても詰まるところは人間・・・・
どんな人間とどんな風に関わるか、この出会いと関わり方ひとつで
心が軽くもなり重くもなり、気持ちのあり様が変わります
人がどうか、人としてどうか????
どこに行っても人間のあり様が問題です
山登りだからといって、自然を愛する純な人だからといって
人間ができているとは限りません・・・・・・・・・・・・・
山に精通した熟練熟年登山者が多い懐の深い大雪山
こんな清らかに澄み渡る山の中に来ても、
マナーの悪い人、コミュニケーションスキルに欠ける人
果てには盗む人、壊す人 さえいる現実を目の当たりにして日本の今の縮図を感じます
野外教育の専門家として
人の心を洗う自然の中で、
もう一度人間を洗いなおしてみたい気持ちで山の番人をしています
雄大な山々に囲まれて、尚更に人間の性を見せつけられる思いです
日本の教育の根本を見直すことが急がれるような気がしてなりません・・・



[PR]
by sportssmart | 2014-07-12 21:33 | 本当に大切なこと | Comments(0)