Coaching the Core through the Sports Education


by sportssmart

<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

スキーパラダイス 

日本フランススキー登山自然学校(北海道東大雪山)
a0111271_1326374.jpg
シーズン突入
冬が来る
雪が降る
若い頃の得意が身を踊らせます

神様は自然という素晴らしい巡り合せを与えてくれました


a0111271_12492096.jpg
自然の恵みから

感じること
気付くこと
教えられること

がいっぱいの毎日です

この幸せに
感謝!


***
シーズンスクール予約状況
12月15日~1月13日までプライベートスケジュールでいっぱいです
1月18~25日 プライベート・家族 ハッピースキーパラダイス予約承ります(先着順)
        (指定スキー場<苗場・湯沢>への出前レッスン/エスコートもOKです)
1月下旬~2月中旬 日によっては空き日がございます


スペシャルエスコート&レッスン
Mobile:090-6100-6055
[PR]
by sportssmart | 2012-12-11 13:33 | いつでもハッピー | Comments(0)
a0111271_1665127.jpg

international friends 2009年フランス 青春をスキーに賭ける若者達と。 
白銀の世界は尚更に「こころ」が磨かれます

寒空の冷たさは こころの温かさで埋まるかな                              
          
2012.12.05
選挙が公示され、国中が冷ややかに冷めながらも 大騒ぎです。
な~んか、いっぱいありすぎて、もう、どうでもよくて、ピンときませんね

2011~2012年と震災の被災地でのアレコレに関ってきましたが
飽きやすく醒めやすい 乗りやすく降りやすい 金儲けの嗅覚だけは敏感な
見切りの早い、物見遊山な そんな輩を多く見てきました
私のやっていることに便乗しようと近づいてきた輩がいっぱいでした。
本当にやる気があるなら自分でやればいいのに、
上手く乗って利用して手柄と美味い汁だけは持っていこうという魂胆丸見えの人たちもいましたが、
そこは オ・ト・ナ・・・ 困っているときは手を組んで乗り越えなくてはと上手く騙されながらも何とか現地の自力自活のお手伝いをしてきました・・・・(自分勝手に〔 つもり・・・ 〕です)

いろいろなことがまだまだの中、
冬の東北の寒さの中での毎日は「心の温かさ」で埋めて暮らすしかありません 
なには無くとも ハッピーで・・・ね!

さて、日本はハッピーか?

この冬は本格的に雪の上の仕事に戻ります
インターナショナルな「おもてなしのこころ」は
いつでも誰にでものリスペクト(敬意)にあります。
英語の世界は表現がシンプルで表情が豊かです
フランス語はもっとシンプルで豊かで奏でるように「ゆとりと幸せ」をくれます
(何を話してるのかチンプンカンプンなのに通じてしまう不思議な世界です \^0^/ )

言葉より「こころ」というものが通じる世界は 『ハッピー!』ですね!!
勿論、相手に通じる 相手に届く言葉も大切です

物に溢れる平和な日本
日本人 日本語 日本のことば 日本のこころ 大丈夫かな?

世界に出れば嫌でもみえるこの国の今、残念ですよ!
戦後の混乱からここまで発展した国、世界のモデルになれるかな?
[PR]
by sportssmart | 2012-12-05 17:25 | 本当に大切なこと | Comments(0)
いたずら坊主は反省中
少しくらいなことには挫けない堂々とした後姿は立派なものです
a0111271_7511299.jpg


その傍らで、室内暴走族参上!
a0111271_822523.jpg


勇猛果敢、楽しいことが大好き
雷の音に母親の懐にもぐりこむパンダの子供のように
この、見るもの聞くもの触れるもの
なんにでも興味津津で真っ直ぐ受け止め、真っ直ぐ表わす
この純真なこころ、姿から
この子らをこよなく愛する親達は何を学ぶのだろうか

孫の姿、成長から、つくづく
大人の失われているもの、忘れている大切なことを
改めて思い知らされます。

人間、もって生まれた「汚れなき純粋」を取り戻すには
世間が変り過ぎたのでしょうか・・・・
科学が発展し過ぎたのでしょうか・・・・便利になり過ぎたのでしょうか・・・・・

どんなに世界が変ろうと
人間が持っている「善」なる本質はそう変わるものではないことを信じたいものです
生きるための「本能」があって当り前の動物社会ですが
人間には「悪」に勝とうとする「こころ」があるはずです・・・・

「こころ」が育たずして何の人間社会があるものか

この子供達の純粋と冒険心旺盛な「こころ」がいつまでも続きますように・・・・・

何の力もない私にできることは、
この未来ある子供達の勇気と輝きを応援し続けること・・・・・
a0111271_8441137.jpg

[PR]
by sportssmart | 2012-12-04 08:50 | 本当に大切なこと | Comments(0)
Thank you for your reading on my blog.
I knew to many needs 「待つこと」
If I could to support for you, it's happy.


Than―
いろいろな局面で 慌てずジタバタせず じっと待つこと、待つことしかできないこと
待つことしかできない状況にあること自体に苦しみ悩みもがくことは誰にでもあることです

これをどうやって乗り越えるか
これが大きな問題です

先を急いで失敗し、時を逃して失敗し・・・・・のくり返しが世の常というものでしょう
周りの雑言喧騒に落ち着きを失い判断を誤ることもしばしばでしょう

人生の巡り合わせが悪いばかりに、上手くいかないこともあるでしょう
我慢しなければならないことがいっぱいです

いい日もあれば悪いこともあるのが世の常です

私が昨年の暮れ(2011年)12月14日に突然の病に倒れ4日目に救急車で運ばれ
救急車のサイレンの響きが遠ざかる中で頭に浮かんだことは
「あーこれで終わりか。人の命とは呆気ないものだな
 よく頑張ったな ありがとう」という誰にあてるでもないハナムケの気持ちが、
死を恐れない、とても「安らかな眠り」につかせてくれました
7日目の朝、気がついたら 新しい命が戻ってきていました

何もしなかったわけではありません
一所懸命、良かれと思うことをしてきたつもりです
悪いことをしてきたつもりはありませんが、それが人から見ればいけないことであったかもしれませんが・・・・・

何もしないで待っていたわけではありません
もがいてもがいて空回りの連続の方が多い人生です
そのときはそう思わなくて一生懸命だったのですが・・・・

良くなることを願ってただやり続けるだけのことです・・・・・
動くにも動けずじっとしているしかないときもあるかも知れません
へたに動くと泥沼にはまるばかりの時もあるかもしれません

行き詰まるところ自分です。
誰かに蹴落とされたにせよ不本意なことであったにせよ
それをしたのは自分なのです
だから自分がやったことで自分がすべてなのです

誰のせいでもなく最後は自分で決めて自分でやったのです

するもしないも、待つも待たないも自分です
周りのことが目につき気になり自分を見失います

そうならないように目を瞑るにも耳を塞ぐにも勇気が要ります

大丈夫、いつも正しくあればいつか「時」が来るはず・・・

信じられるのは神様ではなく自分の正しい心です
それは正しいか正しくないかなんてことより
そのことを信じて行うあなたの「信念」が あなたの正しい心なのでしょう

願いが叶う時 そのことに救いの時がくるときはいつかわかりません
待つことの姿はその人そのときで形は違うでしょうが
待つことには強い覚悟と勇気が必要です。そして大きな忍耐と寡黙であることも。

どんな時も 遠い遠い向こう側に小さな小さな微かな点のように見える明かりがあるなら
それがどれほどの救いの力になるか
その小さな小さな点のような光のもとへ少しづつ少しづつ近づいていけるなら
その逆に、その光の入口がどんどん広がって灯りの入口が大きくなり
その光が近づいて来るかも知れません。

1985年のオーストリアキッツシュタインホルンで
雪崩に埋もれて一瞬にして真っ暗闇になって息が詰まってもうダメかと思ったとき
雪壁の中に一点の光を見つけたとき、生きられることを確信しました。

そのとき思ったのです
光の大切さを、希望の光の大切さを
どんな状況下にあっても
希望の光を見つけて、慌てずジタバタせず 先ず、待つことです
それから、さて、どうする と考え ゆっく動き出しましょう
生きる とか 出来る とかという「信念」をもって

どんな時にも闇雲にでも動いている方がそれだけでも安心ですし気が紛れます
しかし、「待つ」ということは力の要ることですし、勇気も知力も要ることです

「待つ」あなたの不安は計り知れないものと思います
が、「待てる」あなたの力を信じます
「待てる」あなたの勇気を称えます
救いの灯りがもう少し明らかになったら
少しづつ少しづつ動き出しましょう

或いは、そのとき、溜めていた力を一気に出し切る時かも知れません

あなたの「正しい力」を信じます。

**待つ・待つこと というキーワードでの検索で
  このブログへ辿りつた方達への力になれれば幸いです・・・・・


Thanks.
[PR]
by sportssmart | 2012-12-01 13:14 | 本当に大切なこと | Comments(1)
いよいよ師走
私の仕事も12月ともなると忙しくなってきました。(そうでなくちゃ困るんだけど・・・・)
このところ東京での打合せ調整が主です。昨日は半日新宿の高層ビルの中。
a0111271_10532641.jpg

東京はすごい! 目が眩むぜ
ビルビルビル、見上げると空なんかほんの少し遠慮気味に顔を出してる程度
周りの全てがコンクリートとアスファルトで固められた
着飾らせられたようにお洒落な店が町並みを彩っています

でも・・・なんかピンとこないなァー????

オイラ田舎者なのかな?

御茶ノ水界隈を歩いてみました
立派な大きな高層ビル
これが大学です・・・・・・・

電気のついている窓のあの小部屋の中でお勉強しているのでしょうね
グランドはどっか遠い別のところにあるのかな?
仲間と汗を流す体育館は高速エスカレーターで上がった屋上にあるのかな?????
通りは人でいっぱい・・・・

こんなところで人が育つのかなァ~

グルノーブル ザルブルグ オレゴン サンパウロ ウェリントン オークランド 北海道 大雪山
と幾つかの大学、研究機関と関ることがありましたが
こんなビルの中の学校は見たことありません
どこも、広大な敷地に伸び伸びした雰囲気が漂い
いかにもこれからの若者達・人材が育つところ!って感じでしたが・・・・・

脳ミソがでっかく育っても感性の耕しがなければ心が育ちません・・・・・

a0111271_10571444.jpg


東京はスゴイわ!

でも、なんかピンとこないな??? 

昨日、ヒョンなことで街で言葉を交わした人は函館の出の人でした
東京に住み着いて30年なんだって・・・・
そういう人たちがすっかり東京の人?になっちゃってるのかな?

日本の町づくり
どっか間違ってんのとちゃうかなァー

な~んてね
[PR]
by sportssmart | 2012-12-01 11:18 | 本当に大切なこと | Comments(0)