Coaching the Core through the Sports Education


by sportssmart

<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

a0111271_17292786.jpg
苗場プロスキースクール開校50周年記念パーティーに出席させていただきました。
日本で初めてプロスキーヤーを名乗った往年の名選手の大先輩達と席をご一緒させていただき日本のスキー界の今昔に華が咲きました。

若林省三SIA最高顧問の後に杉山進大先輩のご挨拶をいただき、第1回インターハイ、第1回日本選手権優勝者で世界選手権でも3位の苗場スキースクール代表園部勝代表のお話の後、日本スキー界の歩みと共に歩んだ50年を祝う会が始まりました。

ご高齢の方のテーブル以外は立食バイキングパーティーで、
大切なお客様を相手にするインストラクターの集りではありますが
シーズンを前に久し振りに顔を合せた懐かしの顔が会話を盛り上げてか
折角のスピーチも雑音と喧騒に押し流されていました・・・・・

2009年2月にスキーホスピタリティーの仕事でフランスのシャモニー・バルディゼール・グルノーブルを訪れる機会があったのですが
ここでのスキー仲間のパーティーではスピーチが始まるとシーンと静まり返り
話し終りには賞賛の拍手が送られていました・・・・
その空気が誰に対しても相手に対する「リスペクト・敬意」を大切にする、指導者が失ってはいけない資質の本質がここにありました。

日本のにわかインチキラクターで成り立っているスキースクールの
それも日本で最も古い伝統あるスキースクールのパーティーに集った人達がこの有様なのだからうんざりです。

若林会長、杉山先生を前に失礼ながら日本のスキー界の繁栄とレベルアップには
指導員の資格より、先ずはインストラクターの資質を高めなくては先がないという話をさせていただきました
両大先輩には日本のスキー界のために
スキーインストラクターの資質を高めるために人肌脱いでもらわねばとお願いしたところです。

毎度のこと
日本の何かが大きくズレてしまったのか
「サムライの国ニッポン」がなくなってしまいそうな予感がします。

観光立国を進める日本が自慢する、世界に冠たる「おもてなしスピリット」ニッポンは
先ずは、指導者層・インストラクターからではないでしょか

スキー就学旅行の生徒達を相手にしているインチキラクターは「この程度のもの」です。
このインチキラクターに丸投げしている学校の先生達もその「底」は知れたものなのでしょう

子供が育つ環境云々言うけど
まずは指導層の資質をあげることに力点をおかなくては・・・
スキルの証として資格はひとつの目安ではあるけれど
資格取得に躍起になって、資質を身につけないまま指導者面して威張り腐っている図柄はいただけませんがよくあることです・・・・・

何でも、どこの分野でも資格優先、資格重宝の日本は
心のない国になってしまいそうで

こんなことが介護という世界にも
ヘルパー何級かの心ない看護士の世界があるようで・・・・・
先ずは、人のお世話、お相手をする「人としての資質」を上げることが先決です

被災地でこの目で見たNPO支援活動もその裏に隠された「儲け」が計算されているものがいっぱいでした・・・・・

これが日本の本当の姿で
そのことが政治にも国会にも現れているようでなりません・・・・

一事が万事

日本の国を立て直すには根こそぎやり直さねば・・・・
なんて感じるこのごろです
[PR]
by sportssmart | 2012-11-20 17:35 | 本当に大切なこと | Comments(0)
14日の朝、野田総理大臣の心の内に共感するものがあってブログした矢先の昼下がり
TVの国会中継で気迫ある「解散啖呵?」を切っているところでした
オー、ヤッター!! ってその男意気に拍手をおくりました。

強い思いと覚悟を胸に秘め、
じっと時を待ったのでしょう

この時とばかりに伝家の宝刀を抜いた男勝負は見事でした。

無駄に吼ざかず、無駄に動かず
周りの喧騒にじっと耐え
その「時」をじっと待つというのは
余程の力が要るものです

ピーチクパーチク、寄って集って群れて
飲んで食って右往左往、無駄に浪費して
わいわいやっているのは楽なものです

なんたって ただ目先のことに一所懸命やっているという実感だけで
それが何にもならない徒労であることにさえ気付かない「錯覚」に
酔っていることにさえ気付く余裕も知力もないのが凡人というものです

動く軍資金も無い 充てもない
勝ち(価値)は目に見えていても
昔からの土地の文化風潮はそこまで成長していない、時が許さない

兎角世間はそんなものです。

時が流れてみて、
初めて小さな変化が新しいものを少しづつ少しづつつくっていくのでしょうが
先の見えぬ「時」をじっと待つのはかなりの「力」が要るものです。


若い日の山登りが、待つこと、耐えること、続けることに耐える力を鍛えてくれました。
じっと寡黙に登り続ける山道
晴れたり曇ったり荒れたり
登っている途中、急場にさしかかる度に
なんでこんなところに来たんだろう???
背中の重いリュック捨てようか、
戻ろうか帰ろうか 登ろうか下ろうか迷い始めます
そのうち、黙ってただただ頂を目指して
黙って一歩一歩登っているだけの自分になっていきます
それは、もう今更戻れないから
ここまできたら登り切ろう と撤退の覚悟も薄くなり・・・
「それだけ」なのです

登るも勇気・体力・気力そして惰性
下るも勇気・決断それに少しの悔しさ

ただ~△△△~するだけ

サボっているわけでも惰性でもない
この「なんともないこと」がどれだけ力の要ることか

山は人生を教えてくれます
山はじたばた騒ぐ輩を好みません

待つこと、耐えること、やり続けることの何たるかを
黙って教えてくれました


毎日の平凡な暮らしの中に
何ともない、唯の幸せがあることを
震災と自然災害は国中に教えてくれたはずなのに・・・

人の肌の色、ことば文化の違い、考え方育の違いを越えて
国中がひとつになって立ち向かう時とそのことの大切さを教えてくれたずなのに・・・・


高価そうなスーツに身を包み、政局、政権争いに終始している国会です
何が国民の信任を得る・・だい!

高齢者と貧民ばかりが増え続けるこの国で
何を「待て」というのか・・・・

待って、時を稼ぎ
待って、徳を得る

といっても
何も持たない貧民は、何もなくても、ただ待つしかないのです
良くなることを願って、良くなることを期待して・・・・
せいぜいできることは、
懐の最後のコインで宝くじを買うのがたった一つの楽しみくらいです

議席の数と自分の当選 だけに躍起になる政治家達
失業して自分が食えなくなるのが恐いのか
そんなことのために国会議員を目指すのかと思うと
情けなくなります

懐に入る金額も
我々の考える金額とは雲泥の差

これ以上、この国で「待って」いて
何がよくなるのか・・・・・

財政苦しい中、消費税を上げる
その代わり自分達も身銭を切る
こんな国民が解り易い実行に
当り前の感覚を感じます

たったそれだけの簡単な「道理」を
今までの政治家達は何故できなかったのだろうか・・・・・

高校生あたりの級長だって
クラスメイトみんなにわかってもらえる「正義の裁断」くらいは下せるのです。
そんな程度の政治家がのさばっているこの国が残念です・・・・・

こんな調子では
まだまだ国民の「待ち」と「忍耐」が続きそうです・・・・・・
静かなる日本人は「耐える強さ」をどこまで持ち応えるのだろうか・・・・
いつか、限界がくるような気がしてなりません・・・・・
[PR]
by sportssmart | 2012-11-16 22:14 | 本当に大切なこと | Comments(0)
拝啓 野田佳彦総理大臣 様

何事にもものの起こりがあるものです。
国民周知のことは、自民党政治に嫌気をさした国民が民主党に
政権を委ねたのが民主党政権の始まりです。

民主党は、長く続いた自民党政権の後を引き継ぎ
数々の修復を試み、過去の失政の責任を回復させる努力をしてきました。
この底なし沼で必至でもがくような努力はみんなで認めてあげたい姿勢です。

わかり易いところでは原発問題や年金問題、消費税問題などなどいま大きな問題になっていることはいまはじまったことではありません。
偶然にも、東日本大震災という過去に無い大きな自然災害が
これらのことに気付かせる機会を与えてくれたのでしょう。

政権の奪回が国政の回復につながるという考え方も解らないわけではありませんが
そういうことより、
この国難を、知恵を出し合い力を合せて乗り越え解決しようではないか
ということにはならないのか
国民の多くは、こういうことを求めているのではないかと思うのですが・・・・・
ちがいますか??

1人の人間として野田佳彦という男をよくよくみると
なかなか頑張っているように思います。

国民に信用がなくなったから解散ということなのか
執政能力に不安が大きいということなのか
周りが私利私欲のために引きずり降ろそうとしているのか
凡そはみてのとおりでしょう・・・・・・

凡人にはわからない、いろいろな状況の中で
愚痴を言わず一国を預かる総理として責を果たそうとする姿には
政治に何の関りもない片田舎で細々と暮らす1人の民として敬服するところ大です。

信託を享けたことに信を尽くそうとする孤独な闘いには身も心も休まることなく
疲れ果てることでしょう。
民主党員にせよ、党員総意で推挙した代表である野田氏をセンターにして
なんとしても崩れないスクラムを組まなければならない時に
自分のチームが負けそうだからといって戦列を離れようとするチームメイトがいたら
そのチームの負けは誰の目にも明確ですし、その先のチームの存続さえ無いものです。

そんな試合をする資格もないようなチームの中で、
最後まで闘い続けようという姿勢は応援に値します。

自分達のやったことを省みもせず、このときとばかりに足を引っぱろうとする自民党
後先考えなしで加勢する第3勢力?
国民不在の政治は続きます

しかし、多くの国民は
信義に関るこの国の恥さらしを高所低所からきちんとみていることと信じたいところです。

野田佳彦という1人の人間が
自分自身の人間性として信を果たし義を通そうとしている姿を多くの国民はしっかり目にすべき時です。
ここに、まだ捨てたものではない 日本と日本人 があるような気がします。

昨今はものの経緯も省みず「契約書」という紙切れと「結果」だけが全ての世の中ではありますが、
言ったこと、したこと、その経緯、行い、ある程度の許容 も含め、
人と人は 信頼信用で結ばれます。
ときには義のために自分の利を捨ててでもせねばならぬこともあります。
義を通してこそ信が得られるということもあります。
詰まるところ、人は信義を尊ぶことを求め求められます。

いま、野田佳彦なる人物は信義のために最後の決断を迫られているのでしょう
多くの難題が勃発しているここ2・3ヶ月足らずの中で、これほどまでにブレれることなく
信義を貫こうとしている政治家を国民の多くはどう見ているのか

今更どこの誰を責めるのではなく
他人のやったことだと知らぬ顔するのでもなく
自分のしたことの尻拭いを他に押し付けるのではなく
自分の責任の中で非難覚悟でやり遂げようとする覚悟には目を見張ります。

テレビに映る立ち姿の裏にある内面の真実を読み取れる国民がどれほどいるか
難しいことはわからなくとも、
世襲議員に振り回され、国民の税金の中から国民感覚では到底理解できないような高額
な報酬を得ている「議員生活」に執着しているようにしか見えない「国会議員」という
イメージが定着している世の中です
この長く続く政権奪回・政党維持・選挙で当選する という言わば私利私欲の戦い
という図柄の中で、国のためにせねばならぬ信と義を果たそうとする姿は
必ず国民の目に留まっていることでしょう

そういう国民で構成される 私の国 日本 であること
そんな国の一員であることに誇りをもてる自分でありたいと願います。
しかし、一方ではこの国に失望さえ感じる最近です・・・・・・・

野田佳彦様、
このメッセージが届きましたらご連絡をお待ちします。
[PR]
by sportssmart | 2012-11-14 10:59 | 本当に大切なこと | Comments(0)
田中真紀子文科大臣 ワイルドだぜィ~!


大学の乱立に一石を投げたかった田中真紀子文科大臣
バカ養成所みたいな馬鹿者(若者)収容所みたいな大学で溢れている昨今

田中大臣の思いは解るような気がするが…・…
同じように思う賢者も他にいっぱいいるのではないかな?

時には目を見張るような若者に出会うこともあることは確かなことで
そんなときはとても逞しく思って、嬉しくもあります
まだまだ世も捨てたものではありませんね

大学で学んだことより、世間から学んだことの方がはるかに多くて
遥かに役立っています・……
こんなことならもっと早く世間に出るべきだったかな
確かにバカタ大学を出たことも助けにはなっていることもあるが
時には名乗れないほど肩身の狭い思いもさせられますよ

狭き門をくぐらねばならぬくらいに
一生懸命勉強せねば入れないくらいの大学数でいいのではないかな

バカでもアホでも誰でも入れる大学というのもどうだろう
これが教育機会の平等化なのかなァー

いまの若者を見ているともっと教えなければ(鍛えなければ)ならないことが
他にいっぱいあるような気がしてなりません

そんな広き門の有名最高学府を出て高級官僚になった役人が考えた大学設置基準は
質よりも金と器が最重視されるものです。
大学経営は他人の懐(国のお金と親の金)でできる最高のビジネスでもあるからね……
そもそも認可も下りない内から建築や募集が始まっているのですからどうでしょう???
なぁなぁというかデタラメというしかないようなことではないのかなァー  
なんて感じてもおかしくないような…


いじめ さえボンクラ大学出の教員達で「いじめの定義」をしてしまうのだから・…凄い!
いじめってそんな簡単に形に(定義)できるかなァ~???
いろんな要因いろんなパターンがあって一概にコレって言えないと思うんだけど……
一旦定義してしまえば これはいじめ、これは いじめでないって簡単に処理し易いからね
こんなところにも簡素化か…??
こんなところでもシステム化、IT化か?
子供たちに向かう心はどこにいっちゃたんだ????
先生のこころが見えないね?

田中大臣の 教育を何とかせねばいかん という思い
わかるような気がするなぁー

みんなこの「教育」を受けて大人になってきたんだからなぁ
この教育循環が次の日本をつくるんだから
この先、世の中もっとワイルドになるぜィー!!
[PR]
by sportssmart | 2012-11-09 00:21 | 教育/学校 | Comments(0)