Coaching the Core through the Sports Education


by sportssmart

カテゴリ:ラグビー/NZラグビーアカデミー( 15 )

2017’夏休みNZラグビー海外生活文化体験
参加者募集(第一次募集は締切りました)
NZ航空羽田∸オークランド就航記念早期予約特別割引チケッ販売期間(4月30日まで)の募集は定員に達しました。
尚、引き続き今夏のプログラムに応募を希望される方は別枠参加が可能ですので(残2名)パスポート取得等諸手続きがありますので早めにコメントを通してご連絡ください。
a0111271_09211388.jpg
a0111271_09173283.jpg


[PR]
by sportssmart | 2017-04-21 12:11 | ラグビー/NZラグビーアカデミー | Comments(0)
2017’夏休みNZ海外生活文化体験プログラム            
  参加者募集

a0111271_09161646.jpg

「夏休みを1ケ月ニュージーランドのゆっくり流れる時間の中でのんびりゆったり暮らしてみる」というコンセプトのプログラムです。
但し、地元ラグビークラブや柔道クラブに参加しての交流が中心となります。
今回は、スポルトファンタラグビークラブ部員に加えて、部員以外からの特別参加者を募ることになりました。
 スポーツスマートジャパンが長年に渡り夏冬通して交流を深めてきたコネクションがあるからこそリーズナブルな費用で実現できる少数の家族的なインターナショナルプログラムです。
 現地小学校の授業参加やNZラグビーのビッグマッチ・オールブラックスの試合観戦など、1ケ月という余裕のあるゆったりした時間の中で、日本のそれとは全く違う子供の体・心の成長に合わせた本場NZの子供ラグビーを体験して「本物」を感じてもらって「ラグビーの本当の楽しさを持ち帰ってもらう」ことや「日本人としての誇りをもって」の地元柔道クラブへの訪問、ラグビーミュージアム見学などニュージーランド生活文化を肌身に感じてもらえるプログラムとなっています。
 勿論、言葉の壁(不自由)を克服する知恵や行動力、英会話力、言葉文化を超えたコミュニケーションスキル・他者理解力等を身につけることに繫がっています。

参加募集対象年齢・学年(8~10才 小学校3・4年生)
プログラム実施予定期間:7月24日~8月23日
部員以外のプログラム参加料(1ケ月NZ滞在総費用)は:
4月中の参加申込みの場合 260,000円/4週間!!
4月30日を過ぎての参加申込みの場合は航空券等の高騰のため別途算出額となります。
興味関心のある方は大至急コメントを通して連絡ください。
こちらから折り返しご連絡します。(連絡先を忘れずに!)
尚、参加許容人数に達した段階で締め切らせていただきます。

協力:


[PR]
by sportssmart | 2017-04-13 13:44 | ラグビー/NZラグビーアカデミー | Comments(0)
スクール再開して半年
NZRU official coach の目で見ると、世界のラグビー、日本のラグビー、どう見ても「視点」が違うような気がするけど……
勢いに乗る今はいいけど、世界に水を開けられる日が来ると思うよ……
下に続く子供達のラグビーがこれだもの・・・…
Good coach is no coaching.
大人のコピーラグビーが未来ある子供のラグビーではないのに…

子供の力を信じて、育ててやるには時間がかかる!?
今さえよければ、それでいいってものではないぜよ!
要は、中身よ!
時間がかかるぜ。それまでこっちの体がもつかな?
フトコロの具合もね!?
オトナの都合でチッチャク育ててしまっては元も子もないってことよ!
2.3年はアッという間よ、それでも時間がかかるぜ!!
神様が与えてくれた金の卵を大切に!
世界の子供ラグビーと日本の子供ラグビー、やっていることが全然違うけど大丈夫かいよ?
周りの大人が型にはめすぎ、縛りすぎ、求めすぎ教え過ぎの、怒鳴りすぎ?や
ラグビーって、そういうもんではないだろ? 
それでは世界のラグビーが求めるラガーは育たんやろね!
今の内からもっと子供の発想を大切に、もっと溌剌、自由で伸びやかなラグビーをさせてやりたいね


ラグビーのラの字も知らなかった田舎チーム
なかなか面白い! これは いける?!
a0111271_14023307.jpg
こいつは時間がかかるけどモノになる!…↓…
問題はどうやって長続きさせるか?? 
a0111271_14034279.jpg

a0111271_14514994.jpg
これは必ず大物になる!! 
今はチョット弱虫だけど、内側から強くなればね!!
a0111271_14041675.jpg

人数不足で急遽助っ人に混ぜた下の学年の子、
NZで遊んできた?分「感」が働いたのか?思いがけないトライゲット!
最初に味わう経験って、チョットちがうかな!?って感じたりして・・・・
a0111271_14480568.jpg
じっくりマッテやれば 子供は育つって・・・
信じて待てる器量と勇気があるかないかが勝負や
しかし、そんなに待てないのが普通なんだよね・・・・
普通でないことをするって、大変や!










[PR]
by sportssmart | 2016-11-24 15:36 | ラグビー/NZラグビーアカデミー | Comments(0)
Wondreful win Japan Rugby! But,splendly surprised.

a0111271_10372967.jpg

a0111271_10592619.jpg

ラグビーに出会ったのは1965年ごろ、思いっきりガンガン遊べるもののひとつでしかなかったラグビー
本格的にラグビーに出会ったのは2012年、NZでラグビーコーチングコースで。
余程好きな者でなければ誰も振り向かないラグビーでしたが、
もう10年以上のラグビーを使ったコアコーチングを続けています。
南アに勝ったジャパンラグビーには大きな拍手と敬意を払います。
次はぁ~・・・検討?を祈る思いで応援しています。

さて、世間というものは
それまで見向きもしなかったものを「勝った」というそのことだけで
猫も杓子も急に飛びつくように群がります。
これが「日本」ってものよ!

北海道の田舎の高校でサッカー部の顧問をして、ポンコツに近いチームを勝たせて全道大会に進めたことがあります。
この頃は、何処の中学高校でも他の部活の余り者の集まりがサッカー部みたいな時代で
部室は悪の巣窟みたな時代でした。
サッカーは計算された発展デザインで普及され今日に至ります。
20年ほど前の、Jリーグ発足の時は新しい文化にテレビにくぎ付けになったものです。
なでしこジャパンの時は、世界一になった瞬間から女子サッカーの存在が確立され、女子サッカーに可能性を見つけそれに群がるようになるわけです。
ラグビーも同じように、勝てば日の目を見ることが出来るかもしれません・・・

それにしても・・・・・・
日本のこの 騒ぎ方、飛びつき方 はどうなんだろう??
って思わずにはいられません。
この流れは、日本中の至る所にあって
他者が騒げば己も騒ぎ、他者が飛びつけば己も飛びつき
他者が右向きゃ己も右向き、左向きゃ左向きの日本人。
安保のことだって、国民の数からいえば極極僅かな人が真剣に考えて行動を示しはしたけれど
多くはどうだったのだろう?????
その少し前では日本の国の大切な人財である日本人『拉致』問題
スパイ映画ではあるまいし、
ある日突然外国の組織にさらわれてしまうなんて、
これこそ大きな問題なのに国中の関心はどうだろう???
過ぎてしまえば「関係ないこと・・・」
WCラグビー日本勝利に
今まで流行に現を抜かし、見向きもしなかったことに一斉に動くという
付和雷同の日本人が浮かび上がります。
これでは、他所の国からしてみればテキトウに扱われても仕方ないこと
「過ぎてしまえば関係ない」国民性でつくられているのだから
沖縄の基地移転問題だって、「騒ぎが過ぎてしまえば・・・なんとかなるさ」の適当なサジ加減で扱われても仕方ない部分があるのでは・・・
「日本人」って何なんだろうって思うんだけど・・・・

戦争加担を容認した日本は最早世界に平和の大切を訴えるだけの力があるだろうか ??
折角、ラグビーボールを通して相手の痛みを知ることや許すことや認めること、相手の領分を侵害してはならないこと、聞き入れなければならないレフリーの存在があること、戦いが終われば同じ人間仲間として敬意をもって互いの存在を認めあうことや、他者理解や困難克服の大切を体と心に響かせて歩いているのに・・・・・・

戦争の悲惨さを一番よく知っている国だからこそできるはずの平和への説得さえできない国
自国民がさらわれて?しまっても何の手立てもできない国
必要な時に必要なことさえ出来ない国
誰かに踊らされる国
誰かに流される国、
「自分」が育たない教育を「教育?」という「学力」で測る国

ラグビーって、他のスポーツと違うことがいっぱいあって
グランドでどうするか、どう戦うかの選択は全て選手に任されています
監督があれこれ指示して、監督の指示をまって、監督の顔色をみて、誰かの指示を仰いで・・・・
ではありません。
共に戦う仲間と力を合わせて仲間を信じて、自分達の判断で戦うのが何とも言えない魅力です
監督といえば、そこまでもっていってやること、そこまで育て、導き、手放してやるだけです
グランドの成果は自分の成果でもあるけれど選手の成長成果でもあります
それをスタンドから選手の成長を応援するだけしかないのがラグビーのラグビーたる所以ですが、それも最近は変わってきているようですが・・・・
それにしても、
WCラグビーの勝利の知らせに俄かに飛びつく日本人
これが、負けていたら冷たいニュースになっても大きなニュースにはならなかったでしょう
負けようが勝とうが選手の頑張りには変わりはありません
この頑張りに単純に応援してやれるのが応援です
負ければブーイングに無視、勝てばチヤホヤ、私も私も

なんて国だ、この国は ・・・

最近、ルワンダの教育を考える会のマリールイズさんと知り合いました。
悲惨な殺戮が繰り返されたルワンダの国で教育があったならそうはならなかったという体験からルワンダに学校をつくり学費を払えない貧しい家庭の子供でも受け入れてこれを支えている人です。
古き良き日本の心を頼りに戦争しない平和な国に憧れ、この国のような教育をと一生懸命取り組んでいる方です。
私は、日本人として、最早平和の尊さを語る資格が無くなったような無念さを覚えます。
それでも、昔の武士が無闇やたらに刀を抜かなかったのは、
一旦刀を抜けば、相手を傷つける、殺すばかりでなく、自分も傷つき、殺されるかも知れない命の危険があったればこそ、めったに刀は抜かなかったのだ ということを伝え、
身の危険に及ぶ危機や攻防があった時のために鍛錬を惜しまず、家族や城を守るために「死を覚悟」で刀を抜いた武士。戦わないための刀を肌身離さず武士の心のシンボルとして身につけていたことなど、知る限りの「日本の文化・歴史から学べること」を話しました。
ルワンダのマリーさんの学校は誰にでも開かれた、正に他者相互理解・困難解決、そして戦わない国・責めない国を目指して子供達にいろいろな体験を通してそのことを知ってもらいたいという思いで教育しているということでした。
日本人の私が出来ることは何かと思うとき
このWCラグビーの勝利に俄かに群がる国民性に代表されるように・・・
モノの流行に流されるこの国に居て
もう、「日本人として出来ること」はないような淋しさと無念さに駆られます。
イギリスの信仰(バイブル)などに目を向けない荒れる若者を何とか正しい方に導きたいという願いを込めて発生したのがラグビーの始まりです。
だから、ラグビーには多くの人としての訓えが含まれています。
このラグビーが単なる娯楽スポーツとしてでも日本中に受け入れられることで
スポーツに含まれる教育的なことや、人としての導きが生かされ、この国が変わることがあるならこんないいことはありません。
しかし、そこに目を向けられる国民性とスポーツ文化の土壌があるかといえば、残念なことに、定かではありません・・・
そうなることを願って、次の試合の健闘を祈ります
[PR]
by sportssmart | 2015-09-23 11:01 | ラグビー/NZラグビーアカデミー | Comments(0)


北海道の中心地
昔からの北の峰スキー場眼下に広がる町・富良野
山肌は白い雪、シーズンの訪れがすぐそこに感じられます
a0111271_13524038.jpg
a0111271_13494097.jpg







[PR]
by sportssmart | 2014-11-01 13:55 | ラグビー/NZラグビーアカデミー | Comments(0)

大移動日 船の中から

苫小牧フェリーターミナル発1時30分
22時30分乗船
早速お風呂にはいって「あ~疲れたァ・・・」
3か月の遠征に「ホントに疲れた!」の連発

山の中から8時間の運転、その間に
夜道を一台の車ともすれ違わないような峠を3つも越えて
疲れました
乗船したら朝までグッスリ  

a0111271_10080241.jpg  















目覚めたら窓の向こうにきれいな山並み
陸地に並行して航行しているのがよくわかります
海面を舐めるようにゆっくりゆっくり
海の旅っていうのも悪くはありません

到着は19時45分
長い1日になりそうです
体を休んめて、英気を養って、また再稼働!

sift change には絶好な時間になりそうです

a0111271_10091639.jpg
         


  












 夢ある仕事と人生に乾杯!!





                                                                              
[PR]
by sportssmart | 2014-09-21 11:01 | ラグビー/NZラグビーアカデミー | Comments(0)
a0111271_21261989.jpg
          












a0111271_05181494.jpg










富良野から


どこにいたって笛ひとつで心に響く「何か」を
伝えることができます
体が効かなくたって、こころの馬力は伝わります
あれこれ理屈をつけて、論を張ったところで
スポーツは感覚感情、心のほとばしり です
難しいことは抜きにして、単純にシンプルに 
一生懸命楽しむだけ
その中に、感じることがいっぱいです 
喜びや悔しさや信じることの素晴らしさや痛みや悲しみや 
いろいろ感じること、分かち合うことがあるでしょう
それだけで十分 よかよか、

汗の分だけ、笑いの分だけ
涙の分だけ心のヒダが増えるでしょう
目に明らかな 勝った負けた だけが全てではないことを 
うまぁ~く 学ばせなければ・・・・ネ!
でも、勝った負けたの喜び口惜しさをしっかり感じることは感性の始まりだから大事やで

でもね、それにこだわりすぎると いいことはあらへんで
でもね、拘らなければ これもあまり良くないんだね
簡単ではないぞ! 
子供と一緒にスポーツやるって・・・・
自分の満足だけでやっていては いかんぜ よ 
そこらの俄かコーチ達よ

貴方が子供達の一番身近なモデルです
浮かれていちゃいかんぜョ
貴方の立ち姿、振る舞い、話し方 すべてが
子供達のモデルですからね・・・・
子供のコーチって重要な仕事なんやで
がんばろう ネ!     

         \m(^0^)m/







[PR]
by sportssmart | 2014-09-20 06:19 | ラグビー/NZラグビーアカデミー | Comments(0)

5月11日(日)快晴
4年振りに子供ラグビーの交流会に参加させてもらいました

a0111271_20343440.jpg
折角、勇敢に飛び込んだタックルは惜しくも外れてしまいました
a0111271_20354083.jpg
小さな体でつかんだボールは、ガッチリ抱えて離しません

今日初めてラグビーゲームに触れる1年坊主の子供達もすぐに
すっかり一人前のラグビープレーヤーになった気分になってガンガンやっていました
あっぱれ!

小さな子供達のユーモアあふれる動きを微笑ましく見守るコーチ、親たち
その反対に
コートサイドの、コーチなのか保護者なのか
グランドのあちこちで
大きな声で罵声を飛ばし、あーだこーだの指示を出しっぱなし怒鳴りっぱなしの
応援とはちょっと違った異様な感じの応援??監督、コーチかな?

4歳5歳のほんの赤ちゃんに毛の生えた程度の子どものクラスでさえ
まるで大人の、大人以上の試合を求めているかのようでした
はじめてボールに触れる初めての試合に
鬼の首でも取るような罵声が飛び交っているのはちょっと変でしたね

昔、現役選手でバリバリやっていたのでしょうか・・・・・
自分のスタイルを当てはめたくてしょうがない監督コーチがいっぱいのようでした

こりゃぁ、たいへんだ!!!
これでは、子供は育ちません!!
ニュージーのそれとは大違い!
これではこの先、ラグビーのラの字も広がりませんよ、残念!

でも、今日一緒にいった田舎の子供達
初めての遠征、初めてのラグビーにドキドキしながらがんばった子供達
頑張った分だけご褒美の回転すしで満足満足!
チームの名前は すし!!!
次は、もっと自信をもってエースとなって挑んでくれることでしょう

太陽の下、おかしな大人のコーチのことに片目を瞑れば
とてもいい一日でした

ラグビーに限らず
日本のこどもに触れるすべての指導者は
子どもを育むコーチでなければなりませんね
日本は遅れているぞ! ○○県は特にひどいワ!





[PR]
by sportssmart | 2014-05-11 21:31 | ラグビー/NZラグビーアカデミー | Comments(0)
5月1日。
全てが動き出しました。
神様は悪戯で、
来るときには 一度に、あちこちからいいことが飛び込んで来るものです。
それも、ギリギリのところで・・・・・
(こうなれば、こうなったで、取捨選択に困ってしまうのです……)


しばらく休んでいた
スポルトファンタ(楽しいスポーツ)
ラグビーフットボールスクールの再開です。
第1期生の上は大学4年生、下は高校1年生になりました。
SFRFSから育った、小さかった子供達が高校生になり
夫々に県のベスト4~8チーム高校に進み、準決勝、決勝を戦い
握手を交わし、肩を叩きあっている姿は指導者冥利に尽きるものがあります。
この春大学生になった何をやってもエース級だった子供達は揃って体育大学へ進学しました。
卒業を前にした大学生は教師になって、ラグビー指導者を目指すのだそうです。
そんな便りを耳にするだけで この老体に新しい力が蘇ってきます。

スクール再開は新1年生から!
奔放に育った田舎の1年生は口は悪いは態度はデカイは……m\(^0^)/m~~
大きな可能性を秘めた金の卵です。
これを潰さず腐らせず、のびのびデッカク育てたいところですが・・・・・・
大きくなるにつけ〇〇〇協会××✕選抜というところとの絡みで豊かな才能と可能性を潰されなければいいのですが・・・・・

この子等を伸ばせる舞台は世界かな???
あと10年は
いや5年は現役で頑張らなくては……


a0111271_5501228.jpg


a0111271_54606.jpg


[PR]
by sportssmart | 2014-05-02 06:12 | ラグビー/NZラグビーアカデミー | Comments(0)
a0111271_1625945.jpg

9月29日(日)秋晴れ

今日は朝から柔道
午後はラグビー
a0111271_1644997.jpg

a0111271_15525349.jpg
a0111271_15551863.jpg

a0111271_15582553.jpg
a0111271_15593796.jpg

ちょっとしたスペースがあれば
工夫次第でどんどん遊びの世界が広がります
遊びの世界が夢や希望、可能性にどんどん近づいていきます

こうでなければ、
あれがなければ、これがなければ・・・・・

何もなくたって遊びの世界は無限です

興味関心、意欲が増せば
子供達には素晴らしい明日が待っています

大人次第、出会い次第 でしょうか・・・・
もの、金、形 にとらわれることなく

過去の先入観に縛られることなく

大きく育ってもらいたいものです。
ナイス トライ! 

good
job!

[PR]
by sportssmart | 2013-09-29 16:17 | ラグビー/NZラグビーアカデミー | Comments(0)