Coaching the Core through the Sports Education


by sportssmart

blow window from New Zealand with love  ニュジーの風

日本のみなさん

いま ニュジーにいます

何でも近すぎて、目の前のこと、すぐそこにあることでも見えないことがあります。
遠く離れてみて初めて見えること、気付くことっていっぱいあります。

日本から遠く離れて、今の日本、裸の日本が見えるような気がします。
国、国会議員、政治家を見てみれば今のこの国の本当の「日本という国」がよく見えるような気がします。

このままでは、後につづく若者世代、子供の世代も同じようなことの繰り返しになるでしょう
ホントウのことを誰も感じず、誰もしゃべらずに時間が流れ、過去と同じ間違いを繰り返すことになるかも知れません。
それでなくとも善悪の判断も曖昧になっている今の日本ですから・・・・。

あることでも。あったことでも「トボケて」済ませる国、済ませてしまえる国です。
あるのにモット欲しがる卑しい暮らしです
歩いて行けるところも車です。
食べられないのに大盛りする欲張りな文化です。
できるのにやらない、しない子供達で溢れています。
何でも習わなければ出来ない○○教室だよりの子育てです
何でも便利で、物に溢れる日本ですが、本当のところは何もない国ではないでしょうか・・・・
何でも人任せ、長いものには巻かれろ、自己保身の強いこの国の性質は付和雷同の国民性はどこからくるのでしょうか
何より他人だよりの国の姿が「自分」というものがない国民をつくっているのかも知れません。

私の今いるここは「自分」がどうか、どうなりたいか、何をしたいのか 何をするかが優先です
そして、すれ違えばにこやかな微笑みや手ぶりや言葉で挨拶を交わすリペクト(敬意)溢れる国です
(勿論世界中のどこに行ったって人の物を盗むような悪いことをする人もいるものですが・・・・・)

日本のみなさん
この「ニュジーの風」に何かを感じてください。
そして、少しでもこの風を吹かせ広めてください。

狭い日本を出て、広い世界を見て知って
帰ってきて「価値観」を動かせる若者が出てくることを期待しています

ニュジーから「ニュジーの風」を送ります




[PR]
by sportssmart | 2017-08-11 12:14 | Comments(0)