Coaching the Core through the Sports Education


by sportssmart

アクティブラーニング なんでそんなに大騒ぎ?


a0111271_23594823.jpg
a0111271_07674.jpg
先日のNHK シブ5時
ゲストスピーカーは教育評論家?(男でも)尾木ママ??
アクテブラーニングが取り入れられる
お受験が変わる?? ということで大騒ぎしていました。

お受験しか頭にないバカ?親相手の対策?を講釈していました

「アクティブラーニング」 そんなに大騒ぎすることか?

体験を通して、自分の考えで、自分の言葉や表現で、自分の考えを相手に伝え周りに伝え、自分で自分達で解決していく ってやつで
全国津々浦々の片田舎に埋もれた学校の先生でも、チョットしたところの子供達のホントの成長を願う先生達なら誰でもやっていること
体育・野外教育なんて分野は正にこれで、自分のやったことやっていることがビンビンに返ってくる学びの時間で、これをどうやって子供達に学びとして感じさせているかが問題で、単なるお遊びお楽しみや競争ごっこで終わらせてしまっている程度でお茶を濁しているのが文科省で学校現場で・・・・っていう現実があることには尾木ママ?は一切触れないもんね
もしかしたら、そんな根本的な問題を語っていてはお受験ばかりが意の一番の狂育ママ達の関心は引けないから視聴率を気にしてのことかな???
それともホントは、知らないのかな?
もっと真剣に子供達の現実に向かい合わなければね・・・
現場の実際はもっと生臭いでよ・・・
もっともっと子供達と生臭い真剣勝負をした現場体験を持った人が教育評論家?でなければ・・・・
公共放送を使ってのお受験対策の紹介はどうかな????
それより、お受験に躍起になる前にすることがあるだろうに ってね

教員の生徒イジメ、教員同士のイジメ、職場でのいじめ、ごますり、生徒間でのいじめ
人間のお綺麗な部分だけではなくならないってェ~の!
人間食べ物にスキキライがあるように、本能的に好き嫌いは持っているんだから・・・・
スキキライに関係なく、どんな行動にでるか、どうやって過ぎるか・・・どうやって誤魔化すか・・・どうやって関わっていいか・・・
なんていうのは「お勉強」では頭の中で出来ても身に付くもんでは無いゼヨ!!
生身の本気のケンカが出来るくらい真剣でないとね!
ひとつひとつをその場しのぎでごまかして、いい子イイ子で格好つけている場合かっていうの!
もっと本気でぶつかってこそ生まれる親友だし身に付く本物だぜよ
今まで5つの国に行って小学校や中高校生大学生に(勿論大人にも)関わってきたけど
アクティブラーニングは世界中どこの国に行ったってやっていることだぜよ
「新しい教育方法アクティブラーニング」なんて大上段に構えなくてもね
それがこの国では、新しいことで、受験方法、受験制度が変わる となると今から大騒ぎだものね!
この程度の先生から授業を受けた学生が将来の学校の先生になるんだから折角のアクティブラーニングも受験対策のための一科目の机上の勉強にしかならないんでないんとちゃうか?
文科省の発表に振り回される学校現場も問題ありだね。このニュースに飛びつくNHKもね
学校は子供達を導く教える教師がいての学校やで。先ずは学校の先生がどうか?だろ
言われて嫌かもしれないけれど、
ホントのことをいえば、体験学習にしても修学旅行にしても業者任せの楽ちん旅行だろ?、それもそれなりにお楽しみも京都東京見物も思い出作りにはいいけれどそれを通してどうするかやろ?
スキー修学旅行にしても、
暖かいホテルの片隅に陣取ってコーヒーなんか飲んでくっちぇべっていないで、
もっと生徒と一緒になって転げ回って子供達と目線を一緒にして格闘しろよ
その方がよっぽどいい想い出旅行になるでよ
大体、外にも出れない、子供と一緒に活動できない程度で学校の先生になんかなるなよ って思うんだけど・・・今時の先生はねェ~~~
児童ポルノに、わいせつ行為、万引き犯に人殺し、挙句にはいじめの張本人だものね
それをかばう管理職、教育委員会、挙句の果てはお役人の監督の下にしか仕事(教育)が出来ないんだから・・・・
熱き血潮に燃えた幕末の志士達はそんなに立派な教育を受けていたのかね??
自分達の不遇や貧しさから体験的に国のあり方に奔走したんだろうに・・・
このころの先生達の方がよっぽど教育者で「先生」だったんとちゃうか!?
もっと自分の思いで、自分のやり方で子供達のこれからの人生に責任の一部でも感じてやってみいや。
何かが生まれ、何かが輝き、何かを与え、小さいけれど大きな力になれるかもしれないぞ!
尾木ママ?がもっと真底にある本質を突いてくれるといいんだけどね・・・
尾木ママ?にガッカリや!
どこそこの学校に受かったか出たかにばかり気になる教育ママやこの国の風潮に振り回されていないで新しい国の土台作りを真剣に考えなければね・・・・
こう言う自分はときたら、文科省の端くれにいたこともあるし、張り子の教育委員会ってやつも知っているし、まして現場のアホラシさはうんざりするくらい見てきたんだけど、それでも一生懸命な人達に出会えてホットしたときもあったけどね・・・・
もっと本音で語れ! だね。

[PR]
by sportssmart | 2017-02-16 13:16 | 教育/学校 | Comments(0)