Coaching the Core through the Sports Education


by sportssmart

基礎教研の仕事収め。世界は世界を覆う「イジメ」の体質に気付けないのか?



思い通りにならない歪なラグビーボールが訓えること
”人として大切なことを伝える出前授業” は続いています

a0111271_19102043.jpg
2015年 最後の日曜日
棟を並べる仮設住宅の向かい合った窓から冬の柔らかい日差しが鰻の寝床ような狭い部屋の中に延びています。
今年の仕事納めの前の長閑な最後の日曜日、テレビでは一斉に正月特番が始まっています
世界を駆け巡る番組ではテロに振り廻される混沌とした不安に向かう世界の人々のインタビューが映っていました。夢や未来に向かっていた今までの正月とはちょっと違う2015‐016の正月を迎えようとしているのを感じます。

富む国が貧しさに苦しむ国を食い物にする様子
富む者が貧しい者を見下す世の中
一個人の物欲が多くの貧者を生んでいること
賢い者が無知な者を強いやる様子
追いやられる者が群れを成して贖う様子
出来るものが出来ない者を小馬鹿にする様子
不自由のある者が不自由のない者に蔑まれる様子
親の仕事で遊びの仲間が違う子供達
勉強できる子供と出来ない子供の中に生じる差
運動できる子供と出来ない子供の優越の差
勉強できる子供と出来ない子供の中に生じる優越の差
両親のいる子供と片親の子供の心の満たされ方の違い
家庭のある子とない子の淋しさの違い
家族の中から通う子供と施設から通う子供の満たされ方の違い、扱われ方の違い
勝ち誇る心、満たされる心が当たり前に差別につながっていること
差別がいじめにつながっていること
イジメが復讐を生んでいること

世界中に暮らす決して特別ではない平凡な人達が感じている共通な思いが伝ってきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大きなことから、小さなことに至るまで イジメ の構図が蔓延っています。
「きれいな言葉」だけが地球を走り回る前に一人一人が何かできないものかと考えがいきます
地球中に美辞麗句が並べられているのに、何もよくはなりません
世界中のテレビがマスコミが、暴力が蔓延り権力がもの言いお金が全て の社会に向かっていることを訴えています
訴えるばかりでなく、なにか出来ることがないのでしょうか・・・・

こんな世界の縮図は、こんな小さな国の日本にでさえ、世間の中にも、教育の場の中にも、至るところに見られる現象です
ただ、そのことに気付いているかどうかは別問題として・・・・・

全ては世界中の教育がなせる業が今日の世界をつくっているのではないでしょうか
ならば、世界中の教育がなした結果なのではないかと嘆きます
世界中にある宗教は、呼び名は違っても人の幸せ、命の大切、犯してはならない人の道を説いているはずです
賢者の代表である科学者たちは世界の平和と人々の幸せに貢献した暁にノーベル賞という栄誉と称賛を浴びます。
紛争戦争の始まりが宗教に起因するなら、何故?って思わずにはいられません

最早、地球は狭くまり、世界の目は暴力も暴言も許しはしません。
世界中の子供の教育に関わる教育者たちが集まって、これからの国々をつくる大人になっていく子供達のための教育を考える機会があったなら、そう間違った方向には進まないような気がしますが・・・
その前に、子供達の模範になれる大人がいることが必要です
子供は大人の鏡ですから・・・
大人は未来ある子供達の模範にならねば・・・・

科学の進歩の喜びは多くの人を希望に導きます
芸能スポーツでの活躍は多くの人に夢や希望を与えます
でも、みんなが簡単に希望や憧れを手に入れられるのなら最早それは希望でも憧れでもなくなります
なかなか簡単には出来ないことだから「希望」や「憧れ」であって、頑張る標べになるのです。
見せかけの夢や希望をちらつかせるのも「夢」があっていいことですが
現実の厳しさを知ることも「未来」へ向けてトライ、チャレンジするするための「学び」に必要なことです
その大元になるのは、人間であること、、、、、決して機械ではなく感情という心ある人間であることを忘れてはなりません。
Good score ,成功だけを求める教育現場であってはなりません,
日本中の先生達にこのことを願って2015年の仕事納めにし、家族の元に帰ります。
劣ることも、失敗も挫折も学びのひとつでることを心して現場にいてください
そして、世界中の人達が夫々の土俵で幸せを感じられる「地球」に関われる「日本人の心」を育てられるように研鑽をお願いします。







[PR]
by sportssmart | 2015-12-27 12:37 | 本当に大切なこと | Comments(0)