Coaching the Core through the Sports Education


by sportssmart

子供の世界は大人の縮図 この国の元凶、ここに見たり!

6月から10月まで105日間、福島県の小学校を回り始めてやっと答えが出ました。
ここは「日本の縮図」 
追いやられるものと、利に群がる者が交差するところ
本当のことは知っているのにそれに触れない、それに触れて
核心を言ってしまえば入ってくるもの(お金・補償金)も入って来なくなるから・・・

子達は大人の縮図です
オトナが何も言わなくとも、ちゃ~んとその目が、その体が見て感じています
今になって、本当に心から解放された溌剌さに欠けるように見えるのは、周りに嘘が蔓延っているからではないでしょうか
支援とか補償とか、利権とか儲け口とか ぁばよくいけば懐に・・・
棚から牡丹餅みたいなことを、隣が儲けりゃ自分もと、虎視眈々と機会を狙っています
失ったものが多すぎて、欲の塊になっても仕方ないのかも知れません
でも、この被災がなかったらどうだったのでしょうか・・・・・
小さな幸せ、小さな平凡は壊されなかったでしょう・・・・

4年7カ月経った今、回復は至らないまでも平常は戻りました。
小学校の形態も多くは戻りました。子供達はいたって元気です。
でもね、
先生達がどこか影があるのです・・・・・
先生達がどこか輝きにかけるのです・・・・・
それは、この震災の疲れではなく、この地方に残る独特の管理監視の目に縛られているからのようです。
開かれた今の日本の中でも、お役人の世界には目に見えない因習体質が大きく残っています。

子供の輝きを取り戻すには先生の輝きを取り戻さなければ・・・・
子供に接する現場・先生が輝いて活き活き子供達に向かっていれば
子供達だって活き活き活発になるはず・・・・
見かけの元気と内面のホントウの元気が違うのは、生身の体で本音でぶつかれば直ぐにわかります
こんなところにも、「日本の縮図」を垣間見ることが出来ました。
物欲に蠢く町、利権にぶら下がる人、疑う人、潤う人、身動きできない人
オトナの空気にそっと染まっていく子供達
そして、心なく平気を装う人達と、隙間を狙う人達
「子供は大人の鏡」、
どんな時も真っ直ぐに明るくへこたれないで・・・人間として輝いて・・・
なんていったって、直ぐそこにいる先生達が見えない空気と古くからの体質に縛られていては
いつまでも重い鎖はほどかれません
そんな中で、子供は子供、元気で溌剌です
でも、それが本物でないことを感じます。
長い時間の経過の中で刷り込まれていくのでしょう・・・・・
解決すべきは、教師の解放?かな
先生達が子供の先生として自由にのびのび仕事に向かえること
その環境づくりが、大変なハードルです・・・・
子供の体力回復?輝き回復?ったって、大きな「元」を変えなくちゃ・・・・・
その大きな元が、自ら気付くことのない「守られた世界」なのだから・・・
気付くことがあったとしても、守られた世界を変えることも出ることもなく、
壊す勇気もなく、そこにいる人達が「守られた世界を守ろうとする人達」なのだから変わり様はありません。
一番子供に近い世界が、嘘と裃(上下・かみしも)の世界なら、
いつかこの子供達も嘘と裃の世界に入っていくでしょう
子供達に嘘のない素のままの生き方を望む先生達が、実は、
縛られた中で、本当の自分になれないで、輝くことなく小さく、見えないところで心を閉ざして日々を暮らしているのなら
子供達にホントウの輝きや元気などは生まれて来ようがありません。

福島県相双地区というところが昔の裃を着た階級社会を継承していることと
震災の被害地であることとは別問題で、ここにきて、多くのことの回復を願うとき
この目に見えない重い空気を背負っている可笑しな社会というか、当たり前にある「風潮因習」が大きくはだかっていることは確かです。
教育の管理監視、教員の管理監視という仕組み
開かれた民主国家「自由の国」と自評する日本でも
これは正に「日本の縮図」でしょう。

ノーベル賞受賞にみる日本の頭脳の裏に隠された 真の「教育の稚拙さ」が今の日本を劣化させています。
小学校体育アドバイザーとして小学校を回って歩いて、子供達先生達と関わりながら
正に、日本の元凶ここに見たり! という思いです。
[PR]
by sportssmart | 2015-10-17 06:06 | 教育/学校 | Comments(0)