Coaching the Core through the Sports Education


by sportssmart

梨華の下で 足るを知る 久遠にあれ いまここにある小さな小さな幸せ

6ヶ月の長旅から戻って束の間の安息の時間を送っています
北海道での雪山(スキーシーズン)から戻ったその日から
こちらは4月の寒波 寒い寒い 参った参った!
a0111271_10543349.jpg
a0111271_1222561.jpg


眼下の梨の白い花が
まるで雲の上に暮らすように気持ちのいい束の間の休日です
何もない、ただ時間が過ぎるだけ
ほんの少しのことに目を瞑れば、十分満たされているのに
なんだか理由もなく、何かすることを探している自分がいます

雨風を凌げる家があって、家族がいて、みんな元気で、笑いがあって笑顔があってとても幸せでいるのに、なぜかどこかに埋まらない空洞があるような可笑しな気持ちです

この十分に満たされる 小さな幸せの大切さ をいっぱい感じるからこそ
多くの外見に流されて、いまそこにある細やかな幸せに気付けない人達の多さに
とても残念で淋しくてなんとかできないものかと考える自分の無力さに心の空洞が埋まりません

2011年3.11の大震災が気付かせてくれた
生きていればこその 小さな幸せ の大切さ
時間の経過とともにそんなことも忘れて、
国中がモノに、カタチに、カネ、に現を抜かしています
外国人観光客の懐を当てにして儲けることが最優先の国策です
消費が無くてはお金は回りません お金が回らなくては物は動きません、お金が無ければ満たされません 満たされなければ幸せではありません・・・

何に満たされなければならないの?????

簡単に命が奪われる世の中になりました
自分のしている残酷さに気付くこともなくいとも簡単に人の命を奪う事件が増えています
妻が夫を殺し、親が子供を殺し、子供が親を殺し、中途半端な若者が自分より弱い者を殺し・・学校の教師までもが命の大切を知りません・・
子供を労わるはずの校長にある者でさえ子供をオモチャの様にあつかいます・・・・・・

株価の上昇に喜ぶ人の陰に
そんなこととは無縁の人達がいっぱいの日本です・・・・・・
高齢化社会に向け、介護の世界にさえ 高齢者への敬意と尊厳を大切にする国民づくりを考えるのではなく簡単に外国人労働者の導入を考える国です
北朝鮮の日本人拉致問題さえ未だ解決できない、自国民を取り返すこともできないほど地力の無い国なのに・・・

この国の幸せはあまりにもマチマチです
幸せの原点 って地球上のどこにいたって
どこの国であろうと、どの宗教であろうと、どの部族であろうと みな同じだろうに・・・

どうなってんの? いまのこの国は?

天皇のパラオ慰問の旅に
戦争という状況であったにしろ日本いう国が、
日本という国土の範囲からあんなに遠く離れたところまでを日本の領土として進駐していたのだと思うと
踏み躙られた現地の人々の心に想いがいきます
自分の家に土足で入り込まれたらその家の人はどう思うでしょうか・・・
歴史の悪戯とはいえ自分の母国日本が、日本人が
そういった特性を含んでいることに悲しみを覚えます

震災被害の1年近くを現地で暮らし子供達のメンタルヘルス支援にあたっていた時
国中の街頭募金、押しかける支援活動、ボランテア、NPO団体の裏の実態も垣間見せられました
国中が(煽られた)絆で騒いだ日本人の表の顔の、その裏の顔も垣間見ることができます

あちゃこ や 伴淳 の兵隊物の映画や
勝新太郎や高倉健の兵隊やくざや戦争映画にさえ戦地慰安の演芸部隊や慰安婦部隊、はたまた現地での慰安婦徴集シーンなどが当たり前のように出てきていました
あれ?! 知らないうちに違うことになっちゃってるぞ? っていう感じです

そして、今、世界情勢の変化とはいえ
国の守り方、過去の振り返り方??? が大きく変わってきています
「忘れまじ原爆を」の広島の平和シンボルで学んだこれからの日本の進むべき道 平和への貢献 さえその仕方は 時代と共に変わってきているようです

モノ、カネ、格式肩書に左右されない
あるべき姿というものに向かって進めないものかと ふと情けなく思います

そんな中で、さて、これから自分は何が出来るのかといえば
大したことは出来はしません

足るを知る

自分の 己の分と己の分際を知って何ができるか と思うとき
小さなお前の 足るを知れ! って誰かに叱られるような気がしてなりません

いま、そこにある 小さな幸せ の何と幸せなことか
この幸せが永久に続きますように・・・・・・

そのためには
資源を持たない小国・日本という母国が
己を顧みて、己の 足るを知る ことから歩みださなければ
後に残す孫達への幸せは約束できないような気がしてなりません
世界中から来る世界中からのお客さんと接する仕事を通してつくづく感じる

細やかな小さな小さな幸せの大切さ です 








[PR]
by sportssmart | 2015-04-13 13:46 | 本当に大切なこと | Comments(0)