Coaching the Core through the Sports Education


by sportssmart

何か変だぞ ニッポン人 どこに居たって日本人

a0111271_935815.jpg北海道千歳市
千歳川
清流下り




a0111271_938094.jpg
猛暑・猛暑の大騒ぎ
地球上のあちこちで
地球の、宇宙規模の変化が予想される異常気象現象が現れています。
ニュースは暑い暑いと騒ぎながら
どこのチャンネルもお祭り騒ぎです

そして、面白いことは
暑さで参っているというのに
暑さ日本一を競って喜んでいるのだからおかしなことです

人間の体と心は本能的に「安楽」を求めるようにできています
人間の体と心の機能は居心地良くいられるところ、ポジションを求めるようにできていて
体が自動的にそこにフォーカスする本能を備えています
ストレスから開放され、気持ち(精神的安定度)よくいようという心の働きも同じことです

これら全てを含めてホメオシタスメカニズム(恒常性)が働くようになっているのですが
40度を超す暑さ日本一を嬉嬉として、これを観光資源にして人を呼び込もうというのですから商魂凄まじいもを感じます
何でも商売にして
儲けましょう儲けましょう
目立ちましょう目立ちましょう

他より目立つこと
他より優位(この場合は優位?があてはまるかどうか)に立つこと
一番になること
そして、何より儲けること
そのためには人を呼び込むこと・・・・

(長年の日本の教育が競争原理を良しとして、自慢屋、目立ちがり屋を当り前としたのでしょう
仕事柄多くの他所の国の方々とお付合いしますが、決して「目立ちがり屋」で「自慢屋」ではありません、返って、控えめで恥ずかしがり屋であったりもします。違うのは「意見の主張」ではなく『言いたいことははっきりしっかり言う』ということができる「自己主張」とは違う明確な意志表示ができることです)

そんなことに優勢を感じ喜びを感じる日本という国
何かヘンな 何か解せない 感じがしてなりません


季節の中で暑い夏の盛りには避暑にでかけ
冬の盛りには寒さを避け
これが人間ばかりでなく動物の体が求める自然の行動です

しかし、これに日本一が付くと一変します
平泉、富士山がそうであったように
静かで孤高で望む人だけが足を向ける長閑な良さがあったはずのところが
世界遺産、日本一 が付いた瞬間から物見遊山が
何の理由もなく、唯、みんなが行くからという理由だけで群がりはじめます

それを待ち構えて利益を貪りはじめます

何か、どっか、違うような気がしてなりません

うんざりする暑さの一日は日陰でゆっくりしていることも
時の過ごし方のひとつでしょう
サバンナの動物達が1年中の気候の変化の中で
体の求めるままに涼を求め暖を求めるように
暑さや寒さの中でも食を求めて狩りに出るように
人間社会であれば、買い物や仕事に出かけるのです

暑さ寒さに大騒ぎして
一番を競い
これを売り物にして
有名、売り上げを自慢にしたい 人間社会・・・日本人

愛する人、家族という平和と喜びの最小単位が
暑さ寒さの過ごし方や
仕事があるか無いか、金があるか無いかの
日々こもごものことへのあり様を決めるかも知れません

家族と家で過ごす夏の暑い1日
遠くの人混みに出かけなくても
それだけで十分な幸せがあります

独りでいたって
周りの喧騒に同調しなくたって
素敵な時間の過ごし方があるかもしれません

自分勝手とはちがう
他者に振り回されない生き方

それぞれが自立した考えと解決できる方法をもてる力が必要です
(日本の教育が最も苦手とするところですね・・・・??)


事実の報道 平等公明正大 弱者への心 真実への探求 等など
本来あったはずの使命が薄れ、唯の煽りやになってしまった
マスコミの責任も大きいかもしれませんね

それに振り回される 日本? 日本人?


ひとつひとつの騒ぎ方に
それぞれとは言え
何かヘンな日本人
を感じる暑い1日です


因みに私がラグビーを学んだNZでは
季節によって人気スポーツが変ります(シーズンスポーツ)
夏の暑い盛りは朝夕の涼しい時間帯にクリケットを楽しみます
冬は日の高いうちにあちこちの公園で日本のそれのようにガッチガチの潰しあいではない優しいラグビーを楽しんでいました
疲れれば休んで語らい、暑ければシャワーを浴びてビールを呑んで 雨が降れば今日はなし です
何が何でもやらねばならぬ なんて雰囲気はさらさらなし
暮らしの中に 潤いの中にあるライフスタイルのひとつなのですね
それでも国際試合では国を挙げての闘志むき出しになれるのです
他者を受け入れる フレンドシップ と
心の タフネス はどこでどうして育つのでしょうか

古き良き時代の日本がそこにあるようなNZの国柄
NZに住み着いた日本人の友人が言っていました

日本は大切なものを失ったような気がして とても心配
どこにいても私達は日本人なのだから・・・・・・ 
[PR]
by sportssmart | 2013-08-14 10:32 | 教育/学校 | Comments(0)