Coaching the Core through the Sports Education


by sportssmart

不安の中で、淡々と生きることの素晴らしさ

8月1日

7月31日、素晴らしい70才の先輩に出会いました。

a0111271_16563479.jpg 



航海は人生にも似て










前日の夜遅く、電話がかかってきました。
契約している仕事先の運転手が具合が悪くなって倒れたそうで
その代わりのドライバーを探しているとのこと
急ではあるが緊急事態の様子に助け舟を出しました。

発送先に着いたのは12時を回っていました。
急病の方はたった今救急車で運ばれたとのこと
事の重大さが伝わってきます・・・・・

朝の8時30分までに届けてくれとのこと
夜通し走って、荷物を届け、出荷先に戻り、仕事完了の手続きをしたはいいけれど、
まだ、片付けがあるとのこと
急で、初めての仕事で要領がわからずにいたところに

事務所から車に戻ると、
知らない人が ヨロヨロヨタヨタと荷台のものを片付けてくれていました
古い身なりのその人は、見ればよほどお年を召しているようです

初めてのことで要領がわからないものでよろしく頼みます と言葉を交わして
お手伝いします と親切に教えてもらいながら一緒に片づけをしました

さて、ありがとうございました 助かりました
と挨拶すると

「この車は大変だったでしょう」(かなりのポンコツ車でした) というので
急病で運ばれた方と共有しているのかという話になり、
「この仕事は長いんですか?」と親しく会話がすすみました。

「なにしてるんかい?」 と聞くので、自分のことを話し、

「どうしてもやりたいことがあるのでチョコチョコと食い繋いでいるんですよ
この年になるとなかなか仕事はないものですね」

と答えると

その年季の入った老人は穏やかにこう言いました。

「大変ダァ~ オレは5つの仕事先と契約しているけど どれも仕事は回ってこないよ
この年でまともな仕事に就けるわけではなし
あっちでチョコッと、こっちでチョコッとで食いつないでいるよ 世の中大変だァなァ」

その口からでてくる言葉話し方、しわ枯れた声と柔和な顔つきに
大らかな人柄と波風乗り越えた人生の年輪がにじみ出ていました

重い荷物をモタモタヨタヨタと運ぶその小柄な後ろ姿に
「おいくつですか?」 と尋ねると70才とのこと
「オレはいままで力仕事が長かったから大して苦にならネェ」 と言って微笑んだ笑顔から欲張らないとても穏やかで悠悠とした生き方を感じさせられました。

今日明日、先のことを考えると
否が応でもくよくよしてしまいがちな私に
一筋の光を投げかけてくれたような出会いでした。

どちらかと言うと世の中の景気に左右されない固定給の入る人達や
お金には困らない人達を相手にすることの多いスポーツの世界です
本当にお金に困っていたらスキーだ海外旅行だとは言ってはいられないはず
お金のかかるスポーツだって同じこと、困窮しているのにスポーツどころではありません

反対側では、自分ではどうしようもない課題や困難を抱える子供達と向き合います
世の中の二極の世界で心を動かす私にとって
70才の老人が70才にして世の中の不条理には我感せず、黙々と飄々と働いている姿を目の前にして
とても清清しい気分にさせられました。

きょうは、今まで大事に取っておいた昔の書籍を整理して捨てました
あすは、どうでもいいものを全部捨てようと思います

いろいろな人生 いろいろな生き方に出会って
自分の道に出会います

素晴らしい働き者の70才の先輩おじいさんに
ありがとうの感謝の気持ちとガンバってというエールを送りたい気持ちでいっぱいです。

そういう私も、他から見れば、とっくにおじいさんの仲間入りをしているのでしょうがね・・・


a0111271_1658511.jpg


一旦大海原に出てしまえば小船に圧し掛かる全ての波風を味方にせねばならないヨット

自然には逆らえない、全ての力を味方にかえてヨットは進みます









一旦沖に出ればもう戻れない海の上、
足元の揺れない陸の上では感じられない不安定がいっぱいのヨット
この醍醐味なしに人生は語れない・・・・・・

人生は航海にも似て・・・・・
[PR]
by sportssmart | 2013-08-01 17:37 | 本当に大切なこと | Comments(0)