Coaching the Core through the Sports Education


by sportssmart

裁かれない罪 子供達の自殺 その奥にある深いもの

a0111271_1159347.jpg
自らの命を断つ子供のニュースが後を断ちません
学校なり教師なり、校長や教育委員会の対応も少しも変わりなく、
大切な何かが伝わっていないように見えてなりません

何故でしょう・・・・・

死ぬ ことを思うとき 決断するとき 実行するとき どれほどの恐怖、恐怖に飛び込む勇気と、どれほどの深い悲しみがあっただろうか・・・・
それほどの勇気があったならまだ生きていけただろうに・・・・・

きっと何かに猛烈に強烈に訴えたかったのでしょう

死の覚悟をもって・・・・・・


人の心を傷つけ踏みにじり、なんとも思わない
なんとも感じない人がいるものです

しかし、
その人たちを簡単に責めることもできません

その人たちにしてみれば
悪いとも、酷いことをしているとも、何も感じなかったのでしょうから
無神経な人であっただけなのですから
その人の無神経無教養を責めるわけにもいきません

失われた後で、
いくら気付いても、取り返しのできない命は戻ってはきません
一度大きく傷ついた心も同じです

犯罪を立証できなければ罪にならない世の中です
大きな罪を犯していても裁かれない罪、裁かれない人

人のこころを踏みにじる無神経は教養の無さがそうさせるのです
無神経無教養無関心が成せる何気ない罪
形に見えない深い傷跡と犯した罪は誰にも裁かれることなく闇の中です

いくら教養を身につけていたとしても 
激情を抑えきれない程に入り込んでくる無神経さには かなわない時もあります

「無頓着」とは違う「無神経」が裁けないほどの重い罪を犯させるのでしょう

取り返しのつかない命
取り返しのつかない心の穴は
そう簡単には埋まりません

TV番組なら闇の仕置き人がいたりしますが現実は違います

死をもって訴えたいほどの強いものが何だったのか
人生の入口にも達していない小さな命が消えたことへの償いは誰がするのか

それでも無神経に知らぬ顔の当事者がいるのです

そんな人は
いまは免れられても
どこにいても逃げ切れない罪を背負って生きることになるでしょう

裁かれない罪だからといって見逃されてはなりません

無神経な人間を出さない為にも
いつの世も変らない「普遍の人として大切なこと」を伝え残すことが大切です

知らず知らずの内に他人の心を傷つけているかもしれない 私 あ・な・た
自分の無神経には気をつけましょう

後から泣き面をみますよ

もし、
あなたが、身近に、無神経な人に
嫌な思いさせられて毎日を過ごしていたなら
その無神経に逆らわずにその場を去ることが一番です

その人は何を言われても自分の無神経を知ることはできない程の無神経なのですから
他から言われて感じる人気付くひとなら人にそれほどまでに嫌な思いはさせぬものです

命を落としてまでも
訴えたかったこと、言いたかったこと

それを酌んでやるのが 
そこまで追い込んだ者の償いであり、
残された者のすべきことではないだろうか

子供と向き合う教師ばかりではなく
友達でも、仕事場でも
夫婦だって同じではないだろうか・・・・・




日本基礎教育研究所
付設スポーツスマートジャパン

人として大切なことを伝える教育プログラム‐出前授業‐
EQ promotion
指導者層モラルアップ研修会 千葉県館山市8月23日
アウトドアエデュケーションカンファレンス 北海道日高町8月2日              
              
[PR]
by sportssmart | 2013-07-26 12:07 | 本当に大切なこと | Comments(0)