Coaching the Core through the Sports Education


by sportssmart

明日の不安に負けてはいられない・・・弱者を通して社会をみる

社会的な保証、安心安定を捨てて10年目に入りました。

教員になる前に一度社会の荒波を受けている私にとって
あまりにも世間には知られていない、あってはいけないことの多い、世間に疎すぎる世界(学校・教育現場)に嫌気がさして、退路を断って挑んだチャレンジでした・・・・・・・・

日本最北の町稚内を起点に始まった学校訪問しての出前授業・大切なことを伝える教育プログラム日本キャラバンは今も細々と続いています

ニュージーランド航空・大塚製薬などの企業支援を得た「心を育む地域教育フォーラム(共催:国際武道大学)」の開催は古い悪しき因習の残る房総半島にも子育ての根本を危惧する真摯な人たちがいることを証明してくれました。

地域に開いたラグビースクール(無料)は真っ直ぐな子供達はどこまでも真っ直ぐ伸びることを証明してくれました、
また、タダということほど粗末にされるということ、「世間」という浅はかな仕組みを教えてくれました。

肩書きのない個人ができることへの壁は厚く高いものです
大きな企業の名があったり、教育委員会や大学などという「箔」がついたりすると 事は容易く運びました

この社会状況の中で、資金難は永遠ですがしていることの価値と必要は高まるばかりです

幼稚園、小学校中学校での出前授業
子供達ばかりでなく先生たちまでもが、自分に、自分のしていることに
ハッと気づいているのが明らかでした
しかし、それはその場限りのことで、その先にはなんの変哲もありません・・・・・
現場の鈍さと体質は今もそう大きくは変りありません

子供達との野外活動 キャンプ 自転車チャレンジ 海外遠征、大会参加での優勝など等
同行、体験した子供達の変化成長は格段のものが現れています・・・・

食い繋ぐために自分の得意を生かしたスキーのコーチングコーチから始まったクォリティーマネージメントもいろいろな課題や困難へのチャレンジ克復・回復への何かしらのヒントを与えてくれ先の仕事に繋がっています
海外への出稼ぎも、小さな島国日本の真の姿に気づかせてくれているように思います

2011.3.11の東日本大震災は更に金もないすることもない、ただただ悪戯に時間があるだけの私に
私のすべき道を教えてくれました
生死の境を体験したことも、何かしらのことを与えてくれたように思えます。
自然災害による物理的、経済的な困難は時間と共に事と次第ではいつかは解決できることと想像つきます
しかし、どんなに回避しても、どんなに拒んでも解決のしようのない困難や課題を背負った子供達がこんなに多くいることを特別養護施設の子供達とのふれあいを通して痛く知りました

冬の4ヶ月を、日本のパウダースノーを求めて訪れる海外の裕福層を相手にするスキーリゾートでゲストをエスコートする仕事を終えて戻ったのが3月の末
直ぐに縁あって身体的精神的障害、知的障害をもつ子供達が通う特別支援学校の仕事に関りました
その間に被災地気仙沼市を訪れる機会があり、続けて阪神淡路大震災から時間をかけて立ち上がった姫路神戸への仕事に関りました。
そして、昨日は房総半島の外れに建つ特別支援学校での打合せ・・・・・
先生方のどこか的を得ない仕事振りと、どこか大袈裟な親切優しさがよそよそしい空気を感じさせていました

裕福な大人達・子供達との幸せな時間、困らない人達との時間、そして、困難の真只中にいる人達・子供達との時間 を行ったり来たりしているいまの私の「しごと」です

すべての行く先々、することの全てから、裕福層の人達の無関心と関心事の世間との隔たりを垣間見て、困難を抱える子供達、その子供を抱える親達、その子供達が通う学校や暮らしの場を通して、この日本という社会の縮図を嫌というほど感じさせられます。

この10年、成したことは何もないけれど、無駄だったことは何もないような気がします
すべては、成るようになるように導かれているように思えてなりません・・・・・

この目で、見たもの見たこと感じたことの全てが、この現実と真実が私の行くべき道へ続いているような気がします。
手元にはたった1枚の硬貨さえもありません
明日のことさえ闇なのに、こんなにゆったり洋々としていられるのは何故だろうと不思議にさえなります

不安に慄いて(オノノイテ)はいられません・・・・
どんなことがあろうとも自分に与えられた「目には見えない使命」があるのですから・・・・

このデタラメで鈍感な官僚優先の錯覚社会をなんとしても覚醒せねばと退路を断って「同じ狢(ムジナ)」の世界から飛び出したのですから・・・・・

明日の不安に負けている場合ではありません

もし、あなたが、明日のことを心配しているなら
明日をも知れない私が、
健康でこうしていられることに幸せでいる 間抜けな私の姿をみて
笑ってみてください

こぼれた笑みが新しい力を生むかも知れません・・・・・・
[PR]
by sportssmart | 2013-05-02 22:00 | 本当に大切なこと | Comments(0)