Coaching the Core through the Sports Education


by sportssmart

届け、勇気と輝きの笛。 必要以上の支援は本当に支援といえるのか?   

厳しいけれど、甘えの残る被災地に本当の自力での立ち上がりを期待

a0111271_15445550.jpg

      一斉にラット&ラビットをワンヤの喝采で楽しむ
          「型にはまらないウォーミングアップ」風景
6月26日
気仙沼市立階上小学校 水泳授業(日体大学生ボランティアチーム同行)
九条小クリケット出前授業(クリケット協会・日体大ボラ同行)
翼27日 松岩小学校 白山小学校 でクリケット出前授業
a0111271_1552364.jpg

a0111271_15532521.jpg

28・29日は事前調整業務
7月2日は
気仙沼市教育研究会体育部会の教員資質向上と実技研修会の講師として
クリケットを活用した「どんな状況下でも通用する元気輝き勇気の創出について」の
講師を務めさせていただきました。
気仙沼市の全ての小中学校の子供達に触れる先生方にクリケット指導のノウハウをお伝えし、プレゼントして、この理屈抜きの単純な喜び輝きの時間がこれから先の、何らかの力に役に立てることを託して講習会は終了しました。
a0111271_16494117.jpg

a0111271_16511012.jpg

理屈抜きに、単純に、簡単に楽しむこと、
その中に多くの学びや共生があること
喜びの中から気付かぬうちに新しい力が宿ること

私の仕事のひとつはこれで一区切りです。

011年3月11日から心を痛め、自分に出来ることを・・・・と
自分に与えられた道筋を歩いてきましたが、無力な私を神様は上手に導いてくれました。
2日、地元の方々自身が、次につながるための全ての調整を済ませ、
夜を徹して(経費節約のために高速道路は使いません)走りとおして、
3日深夜、我が家に辿り着きました・・・・・。

7月4日朝から、新しい仕事に向っての動きが始まりました。
水木金と慣れない都会のオフィス勤めを終えて、
この土日は、地元にある、解決のしようの無い困難を抱えた子供達のところで
ラグビーやクリケット遊びで、子供達にとっては新しい世界を、プレゼントしてきました。

震災・・・被災・・・・・と騒いでいる間に、取り残されていく、
世間の目から遠のいている困難が、直ぐそこに転がっています・・・・。
世間は、大騒ぎが大好きで、ビッグニュースだけが重大事という錯覚をしがちです・・・・
気付かない足元にある幸せ、直ぐ身近にある困難を抱えた人達子供達・・・・
人の不幸に便乗する偽善者達・・・・・
世の中の不条理は計り知れません・・・・・

必要以上の支援を続ける、身勝手な親切が、現地の人達の自立を遅らせている現実があります。
自分の力で、自分達の力で困難を乗り越え、新しい世界にチャレンジしていく
行動力が芽生え実行する勇気が湧いてくることを願います。

外からの支援団体が潤うことがあっても、中に生活する人達に利が無ければ何にもなりません。
震災ビジネス、震災バブル、原発バブルで 形は違っても、
ひと泡儲けている人達がいることは隠せもしない事実です。

目を向けるところを、しっかり押さえて、
無力な子供が自力で立ち上がるのをハラハラしながら見守る母親のように、
地元の力を信じて、勇気を出して見守るのも応援のひとつです。

何も無い平凡の尊さを噛締めて、明日から、また、電車通勤の始まりです・・・・。
[PR]
by sportssmart | 2012-07-08 17:03 | 出前授業 | Comments(0)