Coaching the Core through the Sports Education


by sportssmart

見えない困難は、見えない心の重さに                       

6月13日
a0111271_14591339.jpg

     自力で立ち上がれ!、自力で歩け!!


支援ビジネス 震災バブル 原発バブルの実態の中で 私に出来ること、あなたに出来ることは
既に、お金だけの問題ではなくなっています・・・・


スマートジャパンは何を発信しているのか・・・
何を発信しようとしているのか・・・・

この不安定の中で、不自由のない「安定」を捨ててまでも取り組もうとした「大冒険」に
世間が少なからず関心を寄せてくれていることはブログのヒット数を通しても感じます・・・

しかし・・・・・・・
覗き見だけはすれど、力は届きません・・・

商業登山の団体を引き連れて登る山登りと同じようなもので
一人前の登山用具を買い揃え、歩きは散歩程度
背中のリュックは軽量 ペットボトルと飴ひとつ
買い揃えたものの中身さえ使い方もわからない・・・・

聞いてみれば車で登れる高尾山が登山経験?????

疲れれば リタイヤ 痛ければオンブ

憧れだけではたどり着けないゴールがあります。

あなたの捨てられる何かがあるのなら
それを捨てて私に力を貸してください。

************************************************

被災地の現実は
そこに暮らすものでなければ言い尽くせないものがあります。
まだまだ
形を変えながら困難は続いています。

NPO活動が数々の助成金を引き出せる
儲け先になっている現実があることを知っていますか?

世界中の紛争地や被災地、貧困国を相手に
緊急支援ビジネスという商売があることを知っていますか?
(文化先進国日本の東北被災に未開発国の支援スタイルを当てはめようとした海外からの支援ビジネスはどういう結果を残したか・・・・
支援に甘えた自立できない精神的甘えが自立を遅らせているという現実をどうやって救うかが今後の課題です)
震災バブルという現実を知っていますか?
原発バブルという格差があることを知っていますか・・・・

これらに関り恩恵を受けているのは現地・地元の人たちではなく
嗅覚鋭い外部から押しかけている人達です。

矢も立てもいられず体ひとつで助けに飛び込んだ人達がいいように使われている現実があります。
(その人たちも震災ボランテア体験の味を占めて暴利なビジネスに走る人も出てきています。決してお金を生んではいけないというのではありません。何かするのに、人が動くのにお金が必要なのは当然のことですが、人助けより儲け(助成金獲得)が優先してしまって、そこに暮らす人達のことを蔑ろにしてしまう「制度に隠れた支援ビジネス」に問題があるのです。
助成金の支援をする団体にも本当に困ったことのない恵まれた世間知らずさがあるのですがね・・・)

日本人という国民性の本質が暴かれなければなりません・・・・
この国の抜けきれない真の体質を洗い直さなければ変れません・・・

現地は知っています 人の薄情を・・・
あれだけ騒がれた絆はなんだったのか・・・・・
余計なおせっかいが人助けではありません

転んだ幼子が自力でしっかり立上げって自分で歩き出すのを見届けてやらねば
我が子の無事と自立を願う親の覚悟が足りません・・・・・・

国会をみても いまこの国が抱えている緊急先決事項さえ忘れかけています・・・・

このブログに触れたあなた
あなたはどうしますか???
[PR]
by sportssmart | 2012-06-13 15:13 | 被災地はいま | Comments(0)