Coaching the Core through the Sports Education


by sportssmart

震災を通して幸せを思う 復興支援のあり方を考える

5月26日

2週間ぶりに戻った自分の家
孫達の汚れない声の響きに囲まれて久し振りにゆっくりしています。
a0111271_14385552.jpg

a0111271_14411716.jpg

多くの人は平凡に流されて、毎日が平凡で毎日が当り前に流れていることの何でもない何もない幸せに気付かないかもしれません。
a0111271_1443191.jpg

仕事柄、今は月の内半分近くを被災地で過ごします。
そこで見ること知ること出会うことの中から
この日常の大切と何もないなんでもない、どこにでもあるような
退屈な毎日がどれほど幸せなことかをつくづく痛感します。
a0111271_1443362.jpg

一方では世の中のデタラメ振りを嫌というほど見せつけられて悲しくさえなります。
あるところにはあるだけのお金のある日本ですから
すべてがお金で片付けられお金で進んでいます。

その大きなお金を扱うところの
価値観、判断力、真心などなどがデタラメや無神経や稚拙であったなら
大事な大事なお金は湯水のように消えていきます・・・・

日本政府??日本財団??? ジャパンプラットフォーム??? 〇×△財団???
助成金の書類審査は盲目判のように処理され消えていっているのが現実のようです・・・・
NPOに飛び込んで末端の悲惨な現地で手足のように働いたとしても
儲からない事業(助成金を引き出せない事業)は早々に打ち切り・・・という現実をたくさん見てきました。
助成金を引き出すためにわざわざ名ばかりのNPOを立ち上げたり・・・デタラメがはびこる震災支援ビジネスが横行しています。
そんな相手とは決して近づきたくはありませんが
助けを必要としている人達のためには時にはわかっていて飛び込むときもあります・・・・・

久々の休日を青空の下で、何の心配もなく家族と過ごす1日は
格別の幸せを実感させてくれます。
a0111271_1453720.jpg

この世に生を享けた者なら誰でも味わえるはずの
なんでもない何もない平凡は毎日のくり返しがどんなに幸せなことか・・・・

こんな小さな小さな幸せが誰にでも等しくある日本という国に生まれて幸せです・・・
世界にはこんな当り前の1日さえ送れない紛争国があったり
治安の悪い国であったり、貧しい国がいっぱいあるというのに・・・
国内にも親に恵まれない子供や虐待に震える不幸を背負った子供達がいっぱいいます・・・・

いま、この国は大きな病を抱えています
みんながこの病に直接触れること(現地に入ること)があったなら
直ぐそこにある幸せの尊さを知ったり
いま、それぞれができること、すべきことに気付くでしょうに・・・・・

まだまだ続いている震災の痛手は遠くのことになりつつあるのが現実です・・・・・
非常時の震災とは別に、解決の糸口さえもたない困難を抱えている人達、子供達もいっぱいの現実がある日本です・・・・・・。

自分の毎日を維持堅持することは大事な事ですが
仲間が倒れ掛かっているというのに少しでも力を貸してやらねば・・・仲間ではありません・・・。

たくさんの退職金を手にした退職教員達が
自分の老後のために、まだ、現場にしがみついて講師料を貪っていることよりも
国の礎をつくる教育力や、その経験と時間を提供できれば
被災を受けた多くの子供達の何かの力になれるかも知れません・・・。

たくさんのお布施を集める宗教団体が
その心を被災地に向ければ神の心で助かる人たちがいるかも知れません・・・。

本当のところでは
すべては儲けのため、自分達の利益のため・・・に計算されたことしか動かない日本人の姿が見えてきます・・・。
その反対では、他人がしたから、するから 言うから といって何の考えもなく動かされる付和雷同の平民感覚が色濃く残る危なかしい国民性が見え隠れしています。

この国の本当の幸せはどこにあるのでしょうかね・・
震災を通して、
何もない 何もしない何もすることもない
ただの1日がどれほど価値ある幸せかを つくづく感じる休日です。
幸せの価値観を教えてくれる絶好の機会を
この国は逃がそうとしています・・・・・


2週間の遠征が終わって
一緒に遠征したお楽しみ道具(クリケット用具やラグビーボール)を車から降ろしたことろ
a0111271_14564855.jpg


名もなく金もなく、あるのは、真っ直ぐな思いと束縛されない時間、若いころに鍛えた体だけです。
あなたのひと声が背中を押してくれるかも知れません。
反響をお待ちします・・・。
[PR]
by sportssmart | 2012-05-26 15:22 | 本当に大切なこと | Comments(0)