Coaching the Core through the Sports Education


by sportssmart

ものの品質 それはそれなり・・・日本ってひどいな

whistle of courage/kids stress free

5月16日,GWも終わりやっと世の中が回り始めたという感じです。

今日は、個人ドライバー(陸送請負)の個人契約を取る会社と山岳ガイドを専門にする旅行会社と株式会社立の学校を回ってきました。
この間にJPF(ジャパンプラットフォーム)を訪ね、震災地域の方々のストレス解消昇華回避の道筋を探ってきました。
JPFは政府の肝いりでできた団体なので、大都会の一等地に陣取って、それはそれなりに被災地の感覚とはズレたボケたスローなペースでことが進んでいるようです・・・・。

上の3つの業種、てんでバラバラのような気がしますが、全部個人請負で一匹狼?(プロ)でできる仕事なのです。
志の合間の空き時間の有効利用にはプロ稼業を貫き通すのが一番です・・。
個人ドライバーの請負は車を受け取って目的地まで運ぶだけの気軽な仕事だし、山岳ガイドの仕事はゆっくりのんびりご一緒のお客さんにいい気持ちと満足をもって帰ってもらえるようにご案内と旅のお世話をする仕事なのですがこれもプロとしてのやりがいを発揮できる気持ちいい仕事なのです。
そして、株式会社立の学校のプロ講師の仕事を売り込みにいってきました。

マンションの数部屋を買い取ったのか借り切ったのか・・・・天井の低い圧迫感のある小部屋に誤魔化しのように少しばかりの机が並んでいました。
受付の女性は電話の応対もままならない話口調です。現れた先生?らしき男性はいかにもできの悪い生徒を相手にしてるかのように高飛車な応対でした・・・・・・
出てきた今日の訪問対象者は 小泉(元)首相の肝いりでできた株式会社立学校ということで自慢しきりです。子供の様子や学校の様子などは論外のようで、人の対応などのスキルは無きに等しいような有様でした。
教室に展示してあった制服を見たら、ちょうど電車の中で一緒だった鞄を放り投げて大声で喋っていた困った??女子高生ふたりが着崩して身につけていた制服と同じ制服でした・・・。

困った子供に困った先生(まがいな人)?困った学校?があちこちに不登校気味な子供達を集めたマンションの小部屋を学校とする学校を学校としてつくっています・・・。
学校にやりたい親達の弱みにつけ込んで・・・・??。

どうするんだろ? 
子供達が身近な大人たちを真似して大きくなっていくというのに・・・・・
レベル云々をいうつもりはないけれど、教育のレベルもそれはそれなりということを嫌というほど感じさせられました。

車の回送請負業者は、どんなことがあっても責任はドライバー個人に持たせようという魂胆が見え見えで、会社としての損失をできるだけ少なくして、責任なんていうものは微塵もない詐欺みたいな仕事が会社という看板を出して、その実は何かあったら請負の個人ドライバーに責任を負わせようなんてコスイ、困った、了見の狭いことで莫大な利益を上げているのだから経済社会は恐ろしい・・・・・・

さて、山登り専門の旅行会社は、山の仲間で支えられている程度の小さな会社ではあるけど、山登りのよさを伝えてくれればいいという本当に人と山と旅が好きという、世に疎い感じで、純粋さを感じたのはそれが山という自然を相手にする仕事だからなのでしょうか・・・・
同じ人を相手にする仕事なのにこうも違うのはどうしてでしょうね・・・・

世の中、なんでもない社会の中に、なんでもない経済活動の中に、詐欺とインチキばかりのからくりが隠されているようで淋しくなりました・・・・・。

しかも、学校に不向きで、学校からはじきだされた子供達相手に似非芝居をして儲けているのですから・・・・

そうでないところも知ってはいますが・・・生憎そんな学校ばかりに出会います。
アンダーグランドで学校が売り買いされていることを多くの人は知っているのでしょうか・・・
理事長が変り、経営が変り、教育そのものの質が変り・・・
株式会社立の学校も設立時の大儀はどこにいってしまったのでしょう・・・・

インチキ学校の実態はこればかりではないことを知っている人は他にもたくさんいることでしょう・・・でも、もう、どうでもよくなって関係したくなくなってしまうのでしょう・・・・残念至極。

純粋純真が心の底に残る自然相手の旅会社、リスクを弱い個人に背負わせる企業、制度改革に便乗して乱立するサポート?校・・・・
ものの比較で世の中がはっきり見えてきます・・・。

それはそれなり・・・こんなんで子供達がしっかり大人になるのでしょうかね・・・

すべきときにすべきことにきちんと取り組んでそれなりの教育を受け、それなりの大人に出会わなくては、
そこそこに、それはそれなりの大人がやっているのですから
そこからは、それはそれなりの大人しか育ちません。

そんな中で、自然に心が惹かれ山に心が洗われ、世に疎く生きる人たちもいることを知ってホッとする気持ちです。

裏を知れば、日本ってひどいな・・・・・・。
[PR]
by sportssmart | 2011-05-16 22:40 | 教育/学校 | Comments(0)