Coaching the Core through the Sports Education


by sportssmart

GWが始まった・・無為の行い。 世界は動きつつあるのか

GWが始まりました
マスコミは一斉に同じ目線同じ話題の報道をしています。

東日本の被災に日本中の人達が心を動かされました。
心が揺らいでもどうすることもできない状況にある人達が大方でしょう。
このGWの休暇を何かの役に立ちたいと動き始める人達がこんなにいっぱいです。
a0111271_11595949.jpg

瓦礫のまま手のつけようのない一帯にボランテアの人達が総出で横隊を組んで一斉に片付けはじめたら
数メートルでも数十メートルでも片付けることができて、新しいスペースが生まれるかもしれません。そのスペースを母体にまた新しいことが生まれるかも知れません・・・

ボランテアの人達が個別なことに着手することばかりでなく一斉に取り掛かることで「復旧」の原動力になることは予想がつきます。

現地にしてみれば受け入れなり物の準備なり課題は山積みなのでしょうが・・・
ここは総力を挙げたマンパワーをフルに活かすべき時と思われますが・・・・・そうもいかない事情があるのでしょう・・・・

私は私の役に立ち方が見つかるまでもう少し動かないことにします。

何もできないけど、何も役に立てることはないけど、募る思いばかりが先に立って動き始めた人達・・・
現地に行けば何とかなる・・・捧げるものはこの体と思いしかない・・・という思いで動き始めるのでしょう・・・その気持ち、よく解ります。
自分が若かったら・・・余力(お金)があったら私も獲りつかれたように「自分だけの思い」に突き動かされているかも知れません・・・。

ボランティアツアーを組んでいる観光バス会社・・・・凄いですねェ・・・・
ボランティアツアーといえどビジネスが成立していることでしょう・・・なかなかやるもんです・・・。

思いと利益・・・計りにかけながら・・・善意善意というけれど利益の無い慈善事業はなかなか発生できるものではありません・・・。
慈善事業の向うに何があるか・・・・。

こんな時ほど、無為の奉仕ができることが正しい心持ちなのでしょうが・・・

しかし、このボランティアツアーに参加料を出して参加する人達こそが無為の奉仕者であることに敬意を表します。

この無為の奉仕を物理的理由により断らなければならない現地の事情も察するところですが・・・・受け入れる抱擁力(許容力)と調整力があったとしたら、このGW中のマンパワーによる片付けは大きく進展するだろうということが推察できます・・・
まだまだ、この期に及んでも役人の発想範囲を感じます・・・・。

無為の奉仕者である、どこにでもいる平凡な市民こそが利益を求めるでもなく、食住自前でのボランティアを買ってでているのですからこれを受けないという手はないのですが・・・

私が勤務した学校で、グランドを芝生にしたのはいいのですがその管理に全校400人足らずの人数でしたが総出でグランドにしゃがみこんで雑草抜きをしていました。
そのやり方は芝生管理という学校ですべき仕事を教育活動のひとつという名目と錯覚で全校生徒を奴隷のように監視してやらせるという手法でしたが・・・その仕事の成果は見事なものでした。
(この全校総出の除草のお陰で緑に映える芝生のグランドが維持されていたのですから・・・そのお陰でこの学校は環境教育優秀校として文部大臣表彰を受けていてこの名誉を守り続けるために生徒の奉仕という名の奴隷作業は続いていました・・・)
グランドとして使うためには除草剤を使うことはできないのでマンパワーに頼るわけですが、嫌がる生徒を無理矢理膝まづかせて隣どおしで会話でもしようものなら竹刀で叩いての強制的なものでしたがマンパワーの威力と凄さを体験的に知っています。
  (付け加えれば:私がそれの管理責任者の立場になったとき、この方法は改めて、生徒がこの学校の緑の芝生グランドを誇りに思えるように全校挙げての意識改革で、後ろで見張っているようなやり方でなく太陽の下の芝生の上で会話を楽しみながらの心に優しい奉仕作業にもっていきましたが・・・・転勤後は元の木阿弥のように聞き及んでいます・・・・歴代の着任校長の自慢は綺麗に整備されている芝生のグランドと文部大臣受賞校であることに変わりないようです。ヨイショグループの教員がこれを堅持しているといった・・これが何が大切かに目がいかない学校というお化けなのでしょうね)今回は嫌がる人達に無理矢理・・・ではなく自らの心の発露としてのボランティア希望者です・・・素晴らしい成果とその後につながる大きな力になることと思われます・・・・・・


世界は平和に向けて動き始めました。
a0111271_1222830.jpg

a0111271_12384883.jpg

世界中のどこに住む人でも、どこの国でも平和と安全は人々の願いです。
物を受け入れることは簡単でも人を受け入れることはそう容易くないのはなぜでしょう・・・・
利益と便利を生み出す「もの」は人の欲望の現れです。「もの」には直ぐに飛びつく遺伝子を持った人たちが大半です。
世界には自分と違うというだけで、人を忌み嫌い、許しや受け入れの無い人達がときどき見かけられます。
そういった人達でも「もの」なら受け入れれるのですねェ~。神様を信じる人達が なぜ?

このGW
ものを届けられない人達が心と体を差し出して役に立とうとしています。
できるものなら私も・・・という思いの人達もいっぱいいることでしょう・・・・
思いがあってもできない人達もいるでしょう・・・・・

原発放射能飛散汚染地域への立入規制は致し方ないとしても
助けの心をもつ人を受け入れ、なんでもいいからやってもらえば助かることもいっぱいあるでしょう・・・

私も邪の心が働いて、こんなときだから移動販売車で食品でも生活日用品でも持ち込んで売ろうか とか ダンプを持ち込んで廃棄物の回収に回そうか・・・・・ なんて・・・ですが、全てを失くし着の身着のままで避難している人から金儲けをしましょうなんて、なんて不届きなんだ!と自分にゲンコツ!です・・・。

頭を捻れば、この機を利用したビジネスチャンスはいっぱいあるでしょう・・・・
「もの」「金」ばかりが先頭切って走ってきた日本、そして世界、地球です・・・・

人類未曾有の大津波に呑み込まれたこの機に、人間が人間としてもっと大切にしなければならないことをもう一度考えることができるなら、この災害は素晴らしい転機になるでしょう。

世界中が注目している日本の再起です。

世界中が平和と安全安心に向って歩き始めています・・・・。
なんでもない平凡な生活者である国民の心が、私利私欲に走る政治家達実業家達の思惑に振り回させることなく人間に目指し動き始めています。

いつも最初に被災するのはなんでもないか弱い市民です。
この被災からの避難が空爆や砲弾からの避難でなかったことは唯一の救いです。

世の中のいろいろな出来事を通して、欲や体裁を超えて物事に真っ直ぐ向かえる人間に目指した心でいられることの大切さを思い知らされます。

被災地の復旧が一日でも早く進みますように・・・・
世界中の紛争地が一日も早く平和と安心を取り戻せますように・・・・・


こうして書くことで自分のできることやすべきことを模索し整理しています。
自分自身の周りで起こる数々の困難な中、自分を冷静に支えていく上でも書くことで自分が見えてきます。

このところこのブログを通過して下さる方が増えています。
えっ こんなに覗いてくれて・・・・と驚きます。
たぶん同感共感をいただいて関心をもってくださるのでしょう・・・。

ツィート/フォローしていただける方は是非何らかのコンタクトをお待ちします。

norisan grandpa
[PR]
by sportssmart | 2011-04-29 13:31 | Comments(0)