Coaching the Core through the Sports Education


by sportssmart

入学式 子供達からもらう力 自分のできることへの確信

近くの小学校で、5年ほど前から年に7日ほど特別非常勤講師としてラグビー授業をさせてもらっていることもあり、入学式にご招待を受け行ってきました。
(写真があればいいのですがね・・)

小さなちいさな一年生が3クラス、ちょこんと座って大人の長々しいお話
(*(注)子供向けで大変いいお話でした)によく耐えていました。

それでも、数年前のある儀式のときに見かけたような、子供抜きにした自分よがりな選挙演説みたいな町長の長い話であったり、次々の来賓の親向けの長~ぃはなむけの言葉であったりではなく、子供目線で、子供の入学をこころから受け入れているようなとても心ある入学式でした。

これは人が替わって、この町の進化なのか、先生達の何かが変わったのか、
時代の流れなのか・・・
前者の2つだと信じたいところです。

この日の入学式を目の前にして津波に呑み込まれた多くの幼子達がいることを思うと心が痛みます。
この日の喜びを目前にしてかけがいのない命を奪われた親御さんの気持ちを思うと胸が苦しくなります。

新しい門出をする子供達と新入生を迎える在校生をみていて、
自分は何をしているんだ と頭を殴られた思いがしました。

こんなときだからこそ、
私が人生を投げうって取り組んでいる
喜びと輝きの中から、ホントは何が大切かを伝える出前授業がお役に立てるような気がしてなりません。

ないないずくしの私ですが、
「思い」が私を動かそうとしています。

今日という日に出会ったからこそ
自分のすべきものが見えてきました。

校歌を歌う子供達の元気な歌声を耳に、
私は数日のうちに動くことを決意しました

今日、入学式を迎えた、2012年のこの春1年生になる子供達は
この津波大震災で命を失った子供達の分まで、楽しみと喜びのある学びをせねばなりません。

この日が忘れられない1日となることでしょう。

私は何としても動きます。
被災各地へ命の出前授業を届けします。


これを持続させるためには資金がいります。
どうか力をお貸しください。
緊急連絡先:090-6100-6055
[PR]
by sportssmart | 2011-04-08 14:04 | 本当に大切なこと | Comments(0)